FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/20章A 闇の樹海

ワールドマップ

かつて 魔を封じたという
五つの【聖石】
そのうちの四つは
すでに潰えたが
残された最後の【聖石】だけは
守り通すことに成功する。
魔王が完全に復活を果たす前に
阻止しなければならない。
エイリークたちは魔物がうごめく
闇の樹海に挑む。
伝説では・・・
かつてこの樹海で 魔王は
聖石を持つ英雄たちに滅ぼされた。
魔王の流した血は大地を汚し
美しかった森は
汚らわしい腐毒に覆われた。
魔王の亡骸はこの樹海に沈み
今も復活の時を待っているという。
闇の樹海では 魔王に呼応するかのように
魔物たちがその力を増していた・・・

オープニング

フォーカス・リオン
【リオン】
くく・・・くくく・・・
あと一刻もあれば
我が再臨は成る。
もはや 誰も
止めることはかなわぬ・・・
ムルヴァ現れる
【ムルヴァ】(左)
・・・やはり ここへ戻ったか。
【リオン】
む?
【ムルヴァ】
人の衣をまとったとて
その身よりあふれる闇は隠せぬ。
八百年ぶりだな 魔王よ。
【リオン】
竜族のものどもか・・・
いや 貴様の顔には
見覚えがあるぞ。
そう 呪わしき
あのいにしえの戦い・・・
我を封じた
あのいまいましい人間ども・・・
彼奴らに味方した
竜族の男がおったな・・・
確か 名はムルヴァといった。
【ムルヴァ】
聖なる石の加護は失われ
大地は魔に満ちている。
腐泥から生まれ出でる魔物たちは
歓喜に猛り狂っている。
いにしえの魔王・・・
お前の帰還を待つように。
【リオン】
そう そして
我はここに来たのだ。
我が再来を
知らしめるためにな。
退け 竜よ。
今の我を
貴様ごときが止められはせぬ。
【ムルヴァ】
人を守ることこそ我が使命。
貴様を捨て置くことはできぬ。
あの時の戦いのように・・・
今一度この地で滅ぶがいい。
【リオン】
ほう・・・来るか?

そうそう 竜といえば・・・
我を追ってきたものどもの中に
竜の娘がおったな。
ムルヴァ 貴様の娘か?
【ムルヴァ】
・・・ミルラは
お前の気配を追ってこの地を出た。
まさか・・・
【リオン】
ん?
さて な・・・
【ムルヴァ】
答えよ。
返答如何によっては・・・
【リオン】
くくくくくくく・・・
貴様がそれを知ったとて
もはや意味を為すまい。
我に挑む以上・・・お前には
もはや喜びも嘆きもない。
今まで生き長らえたことを
後悔するほど・・・
むごたらしい死に方を
させてくれるわ!
画面暗転
フォーカス・エフラム
【エフラム】(左)
このどす黒い瘴気は・・・
【エイリーク】(最左)
はい・・・
私にも はっきりと感じられます。
【ゼト】(右)
ここが闇の樹海・・・
かつて魔王が 【聖石】を持つ英雄たちに
よって滅ぼされた場所・・・
今なお瘴気が渦巻き
魔物たちが湧き出していると聞きました。
しかし まさかこれほどとは・・・
【ミルラ】(最右)
はい・・・前いた時よりずっと
まがまがしい気配が強いです。
こうして立っているのも
苦しいくらいに・・・
でも 大丈夫です。
ここには
おとうさんがいますから。
【エイリーク】
おとうさん?
【ミルラ】
あっちです。
あの沼の向こうに
魔王の魔殿があります。
それに その近くに
おとうさんもいます。
私はここで
おとうさんと暮らしていました。
【エフラム】
そうか。お前にとっては
ここが生まれ故郷なんだったな。
【ミルラ】
はい・・・
またおとうさんに会えます。
嬉しいです。
おとうさんは
私たち竜族の長です。
前の戦いで・・・私が
おとうさんとおかあさんをなくした後
私のおとうさんになって・・・
私を育ててくれました。
【エイリーク】
そんなことが
あったのですか・・・
【ミルラ】
闇の樹海から湧き出す魔物は
みんなおとうさんが無に返します。
おとうさんはとても強くて
とても優しいです。
私も おとうさんみたいに・・・

・・・・・・

【エイリーク】
どうしたのですか?
ミルラ・・・?
【ゼト】
エイリーク様 エフラム様
敵襲です。
うごめき出した魔物たちが
いっせいにこちらへ・・・
【ミルラ】
・・・・・・
【エイリーク】
ミルラ 大丈夫ですか?
具合が悪いのでしたら・・・
【ミルラ】
い いえ・・・何でもないです。
私 がんばります。
がんばって魔物を・・・
倒しましょう。
城門にムルヴァが出現
【リオン】(右)
くくくくくくく・・・
アーヴ・・・
ここは頼んだぞ。
【アーヴ】(左)
ふぇふぇふぇ・・・
おまかせ下さい。
魔王様は
はやく復活の儀式を・・・
リオンが城内に撤退

PlayerPhase-01 終了後

【アーヴ】(左)
ふぇふぇふぇ・・・
もうじき・・・もうじき・・・
もうじき・・・もうじきじゃ!
もうじき魔王様は
復活を遂げられる!
わしは魔王様の忠実なる
側近として力をふるい・・・
わしを認めようとしなかった
世の人間どもに復讐してやるのじゃ!

この死竜は 魔王様が
おつくりになられた最も強き竜・・・
この死竜とわしが
ここにおる限り・・・
何人たりとも魔殿に足を
踏み入れることかなわぬ。
近づく者すべて・・・
この腐泥の中に沈めてくれるわ!
ふぇふぇふぇ・・・
ふぇふぇふぇふぇふぇ!

アーヴ初戦時

【アーヴ】
ぬうう・・・
忌々しい目をしおって・・・
なぜ絶望せぬ・・・
なぜ諦めぬ・・・!?
対ラーチェル
【アーヴ】
ふぇふぇふぇ
ロストンの小娘か・・・
きさまが むごたらしい
死に様をさらせば・・
あのマンセルめは
さぞ嘆くじゃろうな?
そして わしは
さぞ愉快じゃろうな?
【ラーチェル】
そんな言葉で わたくしが
恐れるとお思いですの?
私は聖王女ラーチェル。
魔の滅亡こそが使命ですわ。

魔王に魂を売り渡した
邪悪の徒・・・
わたくしが
成敗してさしあげます!

アーヴ撃破時

【アーヴ】
ふぇふぇふぇ・・・
わしを倒したとて・・・
もはや止められぬぞ。
真なる魔が・・・
お目覚めになる・・・

ムルヴァ初戦時

対ミルラ
【ミルラ】
・・・っ・・・
ごめん・・・なさい・・・

クリア後

【エフラム】(右)
ここが魔殿・・・
魔王はこの中だな。
【エイリーク】(左)
復活の儀が始まる前に
倒さなければ。
行きましょう兄上。
画面暗転
フォーカス・ミルラ
【ミルラ】(右)
・・・・・・

ごめんなさい・・・お父さん・・・っ
エイリーク現れる
【エイリーク】(左)
ミルラ・・・
どうしたのですか?
【ミルラ】
あ・・・
あの あの さっき・・・
おとうさんに会ってきました。
ひさしぶりに会って
少し話をしました。
【エイリーク】
ミルラのお父上が?
では私たちもご挨拶を・・・
【ミルラ】
いえ・・・
おとうさんは言いました。
自分はあまり
人と会わないほうがいいと
竜族の族長は
人と関わりすぎてはいけないって。
【エイリーク】
そうですか・・・
それは残念です。
【ミルラ】
でも がんばりなさい・・・って
はげましてくれました。
無事に帰ってきなさい・・・って
優しい声で言ってくれました。
だから私
おとうさんの分もがんばります。
【エイリーク】
いいお父さんですね ミルラ。
【ミルラ】
はい・・・
エイリークさん・・・
私がんばります。
おとうさんの分も
みんなの分も・・・
たくさんがんばって
魔王を倒しますから。
【エイリーク】
でも あなたは
本当にもういいのですか?
あんなにお父さんに
会いたがっていたのに・・・
【ミルラ】
はい・・・いいです。
戦いが終われば また
いつでも会えますから。
急ぎましょう
エイリークさん。
【エイリーク】
ミルラ・・・
わかりました。
では行きましょう。
一刻も早く
平和を取り戻すために。
【ミルラ】
この建物の中から・・・
おぞましい気配を感じます。
魔王は・・・ここにいます。
画面暗転
フォーカス・リオン
【リオン】(左)
くっ・・・ぅっ・・・
【リオン】
リオンよ・・・
もうじきだな?
もうじき お前の愛しい
エイリークがここへやってくるぞ。
【リオン】
エイリーク・・・
来ちゃ・・・だめだ。
もう・・・僕は・・・
【リオン】
くくっ・・・リオンよ
脆弱なる皇子よ。
人間であるお前が
我が支配に抗おうなど・・・
ずいぶんと思い上がった
真似をしてくれたな?

だが お前はもう死んだ・・・
このまま我に食われ・・・
消えていくさだめよ。
【リオン】
ぅ・・・っ・・・

うあああっ・・・!?
【リオン】
くく、痛かろう?
苦しかろう?
だが まだ
終わらせてはやらぬぞ。
お前をこうして一欠片だけ
残してやっているのは・・・
エイリークを みずからの手で
叩き潰すさまを見せてやるためよ。
楽しみにしていろリオン?
ふふ・・・ふはははははっ!
【リオン】
エイ・・・リーク・・・