FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/19章B 残されし希望

ワールドマップ

ルネスの【聖石】は砕かれた。
魔物との激しい戦いで
これ以上の追跡は困難になった一行。
ロストン聖教国の王女ラーチェルは
ここからロストン宮殿へ向かうよう提案する。
ロストンには残された
最後の【聖石】が封印されている。
祖国への足取り軽いラーチェルに連れられ
一行はロストン宮殿へ向かった。

オープニング

【ラーチェル】(右)
帰って参りました。
懐かしい我が宮殿ですわ。

叔父様 ただいま戻りましたわ。
マンセル現れる
【マンセル】(左)
おお ラーチェル!
よく無事で帰った!
【ラーチェル】
当然ですわ 叔父様。
正義が邪悪に敗れるはずが
ありませんもの。
【マンセル】
うむ まったくもってそのとおり!
して その者たちは・・・
フォーカス・エイリーク
【エイリーク】(右)
ロストン聖教国教皇マンセル様
初めてお目通りいたします。
私はルネス王女エイリーク。
フレリア王国からの使者として
ここへ参りました。
【エフラム】(最右)
俺はルネス王子エフラム
エイリークと共に 今この世界に迫る
危機を伝えるため参りました。
【エイリーク】
実は・・・
画面暗転
【マンセル】(左)
・・・ふむ 事情はわかった。
にわかには信じがたい話ではあるが・・・
闇の樹海の魔物どもが
勢いを増していることは私も聞いておる。
ラーチェル。
正義を為すためには
ロストンの【聖石】が必要なのだな。
【ラーチェル】(右)
はい 叔父様。
ついては神殿の封印を解く
許可をいただきたく思いますわ。
【マンセル】
うむ・・・しかしラーチェル
そう急くこともあるまい。
幸いここは聖領 ゆっくり身体を
休めるがよかろう。
【ラーチェル】
でも まずは【聖石】を確認しませんと
落ち着きませんわ。
とにかく封印が無事か
どうかだけでも・・・あ
【マンセル】
どうしたのだ?
【ラーチェル】
やはり一晩休ませていただきますわ。
今は皆様とても疲れていますの。
特にわたくしの友人は
とてもつらいことがあったようで・・・
画面暗転
ターナ生存時
【エフラム】(左)
・・・・・・
【ターナ】(右)
ねえエフラム 元気を出して。
【エフラム】
ターナか・・・
別になんでもないさ。
俺はいつも通りだ。
【ターナ】
うそ。
そんな悲しそうなエフラムの顔
わたし初めて見るもの・・・
エフラムが落ち込んでると
お兄さまもきっと心配するわ・・・
それに 私だって・・・
【エフラム】
・・・・・・
ターナ。
きみはフレリアの王女だ。
俺やエイリークにあまり
親しくしすぎない方がいい。
今は同盟国とはいえ
ルネスとフレリアは所詮違う国だ。
この先何かが起これば
こんな絆はたやすく断たれる・・・
【ターナ】
そんな・・・
そんなことないわ!
【エフラム】
タ ターナ・・・?
【ターナ】
わたしはエイリークや
エフラムのことが好きだもの・・・!
たとえ国が違ったって・・・
何があったって・・・
この気持ちは
絶対に変わらないもの!
【エフラム】
・・・・・・
すまない ターナ。
俺がどうかしていた。
だから泣かないでくれ。
【ターナ】
エフラム・・・
【エフラム】
君の言うとおりだ。
たとえ何があろうと・・・
俺たちの絆は消えたりしない。
だから俺はあいつの友として・・・
決着をつけなければならない。
ありがとう・・・ターナ。
ターナ死亡時
【エフラム】(右)
・・・・・・
【ラーチェル】(左)
そんな弱気な顔
あなたらしくありませんわね。
いったい何があったんですの?
【エフラム】
ラーチェル・・・
いや 俺はいつも通りだ。
【ラーチェル】
まあ 聖王女にうそをついては
天罰があたりますわよ。
もしよろしければ
話してくださいな。
【エフラム】
・・・・・・
すまない。
何があったかは言えない。
この事だけは エイリークにも
話すつもりはない。
【ラーチェル】
・・・もう 頑固な方ですわね。
全部一人で背負い込む
おつもりですの?
【エフラム】
すまん。
【ラーチェル】
そこまで仰るのでしたら
仕方ありませんけれど。
これからどうするか・・・
もう決めてらっしゃるの?
【エフラム】
・・・・・・
ああ 覚悟はできている。
【ラーチェル】
そう・・・
でしたら わたくしから
何も言う必要はありませんわね。

あなたはわたくしと同じ・・・
誰かを助ける側の人間ですわ。
自分は誰にも弱さを見せず
すべてを一人で成そうとする。
でもたまには 助け合うことも
悪くありませんわよ?
【エフラム】
そうだな・・・
君と話をして 少し気が晴れた。
ありがとう ラーチェル。
画面暗転
フォーカス・ロストン兵
【アーヴ】(吹き出しのみ)
ふぇふぇふぇ・・・
こんな夜ふけまで見張りとは
ご苦労なことよのう。
ロストン兵前に出る
【ロストン兵】(右)

何者!
【アーヴ】(吹き出しのみ)
どこを見ておる。
わしはこっちじゃぞ。
【ロストン兵】
な・・・!?
【アーヴ】(吹き出しのみ)
いやいや。こっちじゃ
こっちにおるぞ。
【アーヴ】(吹き出しのみ)
いいや こっちじゃ
ふぇふぇふぇ・・・
【ロストン兵】
な・・・な・・・!?
【アーヴ】(吹き出しのみ)
こう闇が深くては
見通せまい?
闇に何が潜んでおるのか・・・
わかるまい?
【ロストン兵】
て 敵襲・・・!
ロストン兵がグラド兵に倒される
【アーヴ】(右)
ふぇふぇふぇ・・・
人は闇にはかなわぬもの。
このロストン聖教国といえど・・・
深い闇の前には消えゆく定めよ。
さあ ものどもよ。
行くとしようぞ。
ロストンが滅ぶ日が
やってきたのじゃ!
画面暗転
フォーカス・ロストン兵
【ロストン兵】(右)
へ 陛下! 敵襲です!
グラド軍の残党と思われる
敵勢力が宮殿内に・・・
すでに宮殿内各所に
侵入されています!
【マンセル】(左)
なんと!
【ロストン兵】
宮殿内の近衛兵が 侵入者の
迎撃にあたっておりますが
形勢は極めて不利・・・!
このままでは全滅です!
宮殿外のロストン聖騎士団が到着するまで
持ちこたえられるとはとても・・・
【マンセル】
・・・何たること。
この聖領が敵に侵されるとは・・・
かくなる上はこのわしが・・・
【ラーチェル】(最左)
叔父様 ご無理をなさってはいけません。
わたくしたちにお任せくださいませ。

皆様 準備はよろしくて?
フォーカス・ゼト
【ゼト】(最左)
エフラム様
ここは我々が引き受けます。
どうか・・・
【エイリーク】(左)
兄上・・・
【エフラム】(右)
すまん。俺が頼りないばかりに
お前たちを不安にさせてしまったな。
だが 俺ならもう大丈夫だ。
いつでも全力で戦える。
行くぞ! 敵を倒し
教皇マンセル様をお守りする!

開始時

【アーヴ】(左)
ふぇふぇふぇ・・・
喜びの日はいまや
すぐそこまで近づいておる!
くだらぬ神を奉るロストンの者どもよ
起こりもせぬ奇跡を願うが良いぞ!

さあ行け!
魔王様の騎士たちよ!
教皇マンセルの命を奪い
聖石を奪うのじゃ。
ふぇふぇふぇ・・・マンセルめ・・・
今こそお前に復讐する時・・・
かつてわしを破門したこと・・・
魔王様の前で呪うがよいぞ・・・!
フォーカス・エフラム
【エフラム】(左)
リオンは俺の親友だ。
何があろうとそれは変わらない。
だから俺はもう 迷わない。

リオン・・・
俺は友として お前を討つ。

マンセル死亡時

【マンセル】
光は・・・
闇に呑まれるのか・・・

アーヴ初戦時

【アーヴ】
ふぇふぇふぇ・・・
残る聖石はたった一つ。
それさえ壊せば
世界は闇に閉ざされる・・・
怖いか? 恐ろしいか?
ふぇふぇふぇ・・・

アーヴ撃破時

【アーヴ】
ふぇふぇふぇ・・・
いかんいかん。
久しぶりに
熱くなってしまったわい。
ここは
退かせてもらうとしよう。
わしを追い
闇の樹海まで来るがよい・・・
魔王様が
待っておられるぞ・・・

クリア後

ターナ生存時
【エフラム】(左)
これで 片づいたな。
【ターナ】(右)
エフラム!
良かった。
元気になってくれたのね。
【エフラム】
ああ ターナ
ありがとう。
君のおかげだ。
【ターナ】
ううん いいの。
エフラムがいつものエフラムに
戻ってくれて・・・
わたし
とってもうれしいもの。
19章B以前にターナ死亡時
【ラーチェル】(右)
御覧なさい。
わたくしたちの勝利ですわ!
【エフラム】(左)
ああ 俺たちの勝ちだ。
【ラーチェル】
エフラム
答えは見つかりまして?
【エフラム】
ああ
ありがとう ラーチェル。
きみのおかげだ。
【ラーチェル】
そ そんなこと・・・構いませんわ。
さ 【聖石】のもとに急ぎますわよ。
万が一のことがあっては大変ですわ。
【エフラム】
ラーチェル?
顔が赤いようだが・・・
どこか具合でも悪いのか?
【ラーチェル】
な なんでもありませんわ!
19章Bでターナ死亡時
【ラーチェル】(右)
御覧なさい。
わたくしたちの勝利ですわ!
【エフラム】(左)
ああ 俺たちの勝ちだ。
【ラーチェル】
エフラム
もう大丈夫ですの?
【エフラム】
ああ。
ありがとう ラーチェル。
【ラーチェル】
さ 【聖石】のもとに急ぎますわよ。
万が一のことがあっては大変ですわ。
画面暗転
ラーチェルが聖石を取る
【ラーチェル】(右)
これこそ
我がロストンに伝わる【聖石】・・・
わたくしが手にするに
ふさわしい輝きですわ。
【エフラム】(左)
これが 最後に残った
ただひとつの【聖石】・・・
【ラーチェル】
はい。ではいよいよあの魔王を
成敗する時ですわね。
【エイリーク】(最左)
急ぎましょう。
魔物たちがこれ以上
勢いを増す前に・・・
【ミルラ】(最右)
はい。
急いだ方がいいです・・・
気配がどんどん・・・
強くなっています・・・
【エフラム】
場所は?
【ミルラ】
闇の樹海・・・
かつて 魔王が滅んだ場所です・・・
画面暗転
フォーカス・マンセル
【マンセル】(右)
ラーチェル。
もう発つというのか?
ようやく長旅から
帰ってきたばかりだというのに・・・
【ラーチェル】(左)
邪悪を滅ぼすことこそ
わたくし聖王女の役割ですわ。
【マンセル】
うむ そのとおりだ。
だが・・・
【ラーチェル】
心配いりませんわ。叔父様。
わたくしは一人ではありません。
たくさんの仲間がいてくれますもの。
【マンセル】
そうか・・・
良き友に恵まれたな ラーチェル。
【ラーチェル】
当然ですわ 叔父様。
なんたって
このわたくしの友人ですもの。

では 叔父様
行ってまいります。
邪悪を撃ち滅ぼし
必ず皆で戻りますわ。
【マンセル】
まあ待て。
そう急くなというに。
そなたらの指揮官 エフラム殿に
渡すものがまだ残っておる。
ラーチェル消え、エフラム現れる
【エフラム】(左)
俺に・・・?
【マンセル】
うむ。エフラム殿
この武具を受け取られるが良い。
【エフラム】
これは・・・
ラーチェル現れる
【ラーチェル】(左)
まあ これは・・・
ロストンの【双聖器】ではありませんの?
【マンセル】
うむ そのとおり。
我がロストンの祖であらせられる
司祭ラトナ様の武具だ。
これぞ【双聖器】の一つ・・・
【光輝イーヴァルディ】である。
そしてこれは
対をなすもう一つの【双聖器】
【聖杖ラトナ】である。

それからこの軍資金も渡しておこう。
出発前の準備・・・
おこたらぬようにな。
イーヴァルディを手に入れた
ラトナを手に入れた
10000Gを手に入れた
【ラーチェル】
ああ 憧れのラトナ様の武具・・・
でも よろしいんですの?
【マンセル】
確かに我が聖教国の継承にも関わることゆえ
持ち出しは固く禁じられておるが・・・
世界の危機にそのようなことは
言ってはおれぬ。
【ラーチェル】
さすがは叔父様ですわ。
【マンセル】
事を成し遂げた後で
神殿に戻すのだぞ。

エフラム殿。
そなたら自身の手でな。
【エフラム】
必ず・・・
【ラーチェル】
闇の樹海は
魔の領域・・・
入った者は二度と戻らぬと
いわれていますわ。
出発の前に 街で買い物を
しておいた方がいいですわね。
【エフラム】
ああ 装備は多めに
買っておいた方がいいな。
俺たちは
全員無事で戻ってくるんだ。
ロストン兵が6体以上生存時
【ロストン兵】(左)
ラーチェル様!
【ラーチェル】(最右)
まあ あなたたち。
あの厳しい戦いで
よく宮殿を守ってくれました。
さすがは我がロストンの聖騎士。
すばらしい気合でしたわ。
【ロストン兵】
はっ!
ありがたき御言葉!
エイリーク様 出発の前に
この剣をお持ちください。
どうか ご無事で
ご帰還くださいますよう!
【エフラム】(右)
ああ 承知している。
あなた方の気持ちは
決して無駄にはしない。
【ラーチェル】
この胸に 正義の心があるかぎり
負けることなどありえませんわ。
皆様 叔父上のこと
よろしく頼みますわね。
【ロストン兵】
はっ! 
正義と秩序の名のもとに!
ひかりの剣を手に入れた