FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/9章A 後背の刃

ワールドマップ

海路でロストン聖教国を目指す
エイリークたちは
ロストン行きの船を探すため
カルチノ共和国領の
貿易港キリスに向かった。
カルチノはフレリアの同盟国
豪商たちが治める新興の国家である。
カルチノの代表者である長老クリムトは
フレリア王国とは同盟関係を結び
今回の戦争においても
フレリアに支援を約束していた。
先行するフレリア王子ヒーニアスも
カルチノ領を通り
ジャハナ王国へと向かっている。
カルチノ領に危険はない・・・
エイリークはそう信じていた。

オープニング

グラド城
フォーカス・城門
画面暗転
フォーカス・ヴィガルド
【ヴィガルド】(左)
フレリアの【聖石】は
すでに潰えた・・・
だが ルネスの【聖石】は
いまだ何処かに隠されている・・・

グレンよ・・・
ヴァルターよ・・・
ルネスの兄妹を追え
あの者たちの持つ
腕輪を奪うのだ・・・
グレンはエイリークを・・・
ヴァルターはエフラムを・・・追え。
グレン現れる
【グレン】(右)
はっ・・・
グレン消え、ヴァルター現れる
【ヴァルター】(右)
くく・・・エイリークか。
あれはいい女だった。
兄のエフラムも・・・
思ったより食いがいのある獲物だ。
血が躍る。
楽しい時間になりそうだな?
グレン・ヴァルターが撤退
フォーカス・ヴィガルド
【ヴィガルド】(左)
ケセルダよ・・・
アーヴよ・・・
お前たちは 残る国々の
【聖石】を砕け・・・
ケセルダはジャハナ王国・・・
アーヴはロストン聖教国へ・・・
かの国の忌まわしき
【聖石】を破壊せよ・・・
アーヴ現れる
【アーヴ】(右)
ふぇふぇふぇ・・・お任せくだされ。
ではさっそく ロストンを崩す
下準備に取り掛かりますかな・・・
アーヴ消え、ケセルダ現れる
【ケセルダ】(右)
はっ! 俺はジャハナかよ
ついてねえな。
傭兵あがりの俺にとっちゃ
クソいまいましい故郷だぜ。
アーヴ・ケセルダが撤退
フォーカス・ヴィガルド
【ヴィガルド】(左)
デュッセル・・・
お前はフレリアへ向かえ。
フレリア軍を率いる・・・
エフラムを討て・・・
デュッセル消え、セライナ現れる
【ヴィガルド】
セライナ・・・
この帝都にて待機せよ。
お前には後ほど・・・
新たな命令を与える。
【セライナ】(右)
はっ。
画面暗転
ターナが出現
フォーカス・ターナ
【ターナ】(吹き出しのみ)
まってー エイリークー
ターナ現れる
【エイリーク】(右)
タ ターナ!?
どうしてここに・・・
あなたはフレリアの王宮に
残るはずじゃ・・・
【ターナ】(左)
だって エイリークったら
何も言わずに出発してしまうんだもの。
エフラムと一緒に戻ってきたのに
また危険な旅に出るなんて・・・
わたしはエイリークの友達よ。
だからエイリークについていくわ。
【エイリーク】
ヘイデン様はご存知なの?
【ターナ】
ううん 反対されると思ったから・・・
でもわたし どうしてもエイリークが心配なの。
【エイリーク】
ありがとう ターナ。
気持ちは嬉しいけど
でもヘイデン様はきっと・・・
【ターナ】
エフラムもエイリークも
お父さまもお兄さまも・・・
みんな一つになって戦ってるわ。
なのにわたし一人が
のけものなんていやなの。
ね お願いエイリーク。
【エイリーク】
・・・もう。
わかったわ。
あなたの気持ちを無下にはできないし。
一緒に行きましょう ターナ。
【ターナ】
ありがとう エイリーク!
画面暗転
フォーカス・エイリーク
【ゼト】(右)
エイリーク様
ここがキリスの港です。
この港から北海を通れば
ロストンまでは十日の旅です。
【エイリーク】(左)
潮の匂いがします・・・
とても賑やかな所ですね。
【ゼト】
ここは貿易の拠点。
他国の者たちも多く行き交っています。
エイリーク様のご身分を気取られぬよう
どうかご用心を。
【エイリーク】
はい。わかっています。
私は傭兵団の一員 名前はエイリス。
ロストンへは傭兵の依頼を
受けるために向かいます。
【ゼト】
では船を探しましょう。
船着場はあちらのようです。
エイリーク前に出る
【エイリーク】

【ゼト】
どうされました?
ゼト あそこにいるあの方は
もしかして・・・
画面暗転
ラーチェル・ドズラ・レナックが出現
フォーカス・ラーチェル
【ラーチェル】(右)
まあ! 美味しいですわ
この砂糖菓子。
まったりしているけどしつこくなく
上品だけれど淡白ではありませんわ。
【ドズラ】(最右)
ガハハ!
まったくですなラーチェル様!
エイリーク現れる
【エイリーク】(左)
あなたは・・・
【ラーチェル】
まあ!
あなたは
【エイリーク】
以前 お会いしましたね。
魔物と出会った時
お連れの方と一緒に現れた・・・
確かラーチェルさんでしたか。
【ラーチェル】
こんなところでまたお会いできるなんて。
きっとこれも神のお導きですわね。
ドズラ消え、レナック現れる
【レナック】(最右)
って言うより ついてなかったってのが
正しいんじゃ・・・
【ラーチェル】
そうそう。
このお菓子なかなかいけますわよ。
お一ついかが?
【エイリーク】
あ ありがとうございます・・・
いえそうではなく。
実は私たちは ロストン聖教国へ
急ぐ旅の途中なのです。
それで ロストンへ渡る
船を探しているのですが・・・
【ラーチェル】
まあ でも
船は出ませんわよ。
【エイリーク】
え・・・?
【ラーチェル】
わたくしもちょうど
ロストンへ帰るところでしたの。
わたくし 実は
この街の有力者に顔がききますから
先ほどその者をここに呼び出し 豪華客船を
手配するよう命じていたのですわ。

でも 今はどの客船も商船も
恐がって船を出そうとしませんのよ。
なんでも海に巨大な幽霊船が現れ
次々と船を沈めてしまうんだとか・・・
わたくしがそこに行けば たちどころに
その魔物を成敗してさしあげるのに・・・
残念ですわ。
【エイリーク】
そうなのですか・・・
困りました。どうしてもロストンに
急がねばならないのですが・・・
【ラーチェル】
心配いりませんわ。
海がだめなら
陸路を歩けばよいのですから。
【エイリーク】
陸路 ですか。
ですがそれでは 大変遠回りな旅に
なってしまうと聞きましたが・・・
【ラーチェル】
ええ でもそれが良いのです。
これは神の与えたもうた試練ですわ。
来るべき時 巨大な邪悪に
立ち向かうために・・・
今はまず足腰をきたえよ ラーチェル。
そう神は仰っているに違いありませんわ。
わかりましたわ
神よ。
あなたの忠実なるしもべラーチェルは
この試練 見事乗り越えてみせますわ!
【レナック】
いや あんたはそれで
やり遂げた気分かもしれませんけどね・・・
【ラーチェル】
さ 行きますわよ
ドズラ レナック!
しっかりついてきなさい!
ラーチェル消え、ドズラ現れる
【ドズラ】(右)
ガハハ!
お待ちをラーチェル様!
さあレナックよ!
全力で走るぞ!
誰が初めに力尽きて倒れるか
勝負じゃ!
ドズラ消える
【レナック】
あ~~・・・
もう何がなんなんだかなあ・・・
ラーチェル・ドズラ・レナックが撤退
フォーカス・エイリーク
【エイリーク】(右)
・・・あの ゼト。もしかして。
あちらはフレリア・・・
ロストンとは反対方向ではないでしょうか?
【ゼト】(左)
・・・エイリーク様が
お気になさる必要はないかと。

それより 我々はどうすべきか
考えねばなりません。
陸路はかなりの長旅になります。
他に手段がない場合は
致し方ありませんが・・・
【エイリーク】
そうですね。
どうしましょうか・・・
ビンクスが出現
フォーカス・ビンクス
【ビンクス】(左)
・・・あんたが
ルネス王女エイリークだな?
【エイリーク】(最右)
え・・・?
【ゼト】(右)
貴様 何者!
【ビンクス】
悪く思わねえでくれよ。
あんたがここで死んでくれりゃ
良い金になるんでな。
悪いが その首もらうぜ。

EnemyPhase-04 終了後

アメリア・兵士が出現
フォーカス・アメリア
【兵士】(左)
全体 止まれ!
カルチノの傭兵どもが間もなく
ルネス王女を討ち取る。
我々グラド軍の任務は後始末だ。
戦いになどならんだろうが・・・
いざとなれば
グラド帝国のために命を賭けろ!
【アメリア】(右)
あ あの! 隊長!
自分はどうすればよいでありますか?
【兵士】
貴様は?
【アメリア】
は はい!
シルバの村のアメリアであります!
祖国グラドのために自分も戦いたいと
志願し 本日づけでここへ配属に・・・
【兵士】
貴様の素性などどうでもいい。
新兵は前だ。槍を構えて並べ!
【アメリア】
は はい!

この槍で・・・敵を倒すんだ。
こ 怖くなんかない・・・
あたしはグラド帝国民だから。
グラドのために戦わなきゃ。
が がんばるぞ!

EnemyPhase-09 終了後

フォーカス・アメリア
【兵士】(左)
む むむ・・・戦況は
かんばしくないようだな。
傭兵どもめ
役に立たぬ奴らだ。
この私が連中を叩き潰して
やってもよいのだが・・・
今は報告を優先せねばならん。
軍人のつらいところだ。
全体 全力で走れ!
帝都へ帰還するぞ!
兵士消える
【アメリア】(右)
え え!?
敵がいるのに
帰っちゃっていいのかな・・・?
でもちょっとだけ
ほっとしたかな・・・
アメリア・兵士が撤退

エイリーク→アメリア

【エイリーク】(左)
あなたは?
【アメリア】(右)
え? ええっ?
【エイリーク】
カルチノ市民の方ですね。
彼らの狙いは私です。
あなたはしばらく隠れていてください。
【アメリア】
で でもあたし・・・
【エイリーク】

【アメリア】
あたしはグラド軍兵士で
ルネス王女の襲撃作戦に加わってて・・・
【エイリーク】
え?
で ではあなたはグラド軍?
【アメリア】
あなたがルネス王女エイリーク?
でも エイリークは
野蛮で残忍な悪魔だって隊長が・・・
【エイリーク】
! 私は・・・
・・・グラド帝国から見れば
そうなのかもしれませんね。
私たちとあなた方は
戦争をしているのですから・・・
【アメリア】
・・・エイリークさん・・・
あの あたし 降伏します。
あなたたちとは戦いません。
【エイリーク】
え・・・?
【アメリア】
あたし グラドのデュッセル将軍に
あこがれて軍に志願したんです。
でも 将軍は今回の戦争に
強く反対しておられて・・・
それに 敵のあなたが
そんな悲しい顔してるの見たら
何が正しいのか
わからなくなってきました。

私はただの新兵ですけど
でも自分の意志でちゃんと決めたい。
何が本当なのか・・・
自分の目で確かめたいんです。
【エイリーク】
・・・わかりました。
では私たちと行きましょう。
そういえば あなたの名前は?
【アメリア】
アメリア。
シルバの村のアメリアです。

フランツ→アメリア

【フランツ】(左)
あの きみは?
【アメリア】(右)
え? え?
【フランツ】
きみはこの土地の人?
ここは危ないから隠れていた方がいいよ。
ほら こっちに来て
【アメリア】
で でもあたし・・・
【フランツ】
僕はルネス騎士のフランツ。
きみ 名前は?
どうしてこんなとこにいるの?
【アメリア】
あ あたしアメリア。
グラド軍の兵士で
ここでルネス軍と戦うために・・・
【フランツ】
え?
じゃあ君は・・・僕らの敵?
【アメリア】
・・・・・・
も もしかして
あ あたし捕虜にされちゃうの!?
【フランツ】
そ そんなことはしないよ。
でも 困ったなあ・・・
【アメリア】
ど どうすれば・・・?
【フランツ】
とりあえず・・・
僕のいうとおりにして。
後でエイリーク様に相談しよう。
【アメリア】
ええ!?
で でもエイリークは
残酷で無慈悲な悪魔だって隊長が・・・
【フランツ】
そ そんなのはデタラメだよ。
エイリーク様は
皆にとても優しい方なんだから。
君はグラド軍にいたから
そんなふうに怯えるのも無理はないと思う。
でももし僕を信じてくれるのなら・・・
一緒に来てくれないかな?
【アメリア】
う・・・
わ わかった。
あたし フランツさんを信じてみる。

ビンクス初戦時

【ビンクス】(左)
くそっ・・・話が違うぜ!
こんなに強え連中・・・
5000ゴールドじゃ
割にあわねえ!

ビンクス撃破時

【ビンクス】(左)
パ・・・パブロの野郎・・・
だましやがって・・・

クリア後

【ゼト】(左)
エイリーク様 ご無事ですか?
【エイリーク】(右)
ええ 何とか・・・

いったい何者でしょうか?
グラド帝国の手の者では
ないようですが・・・
【ゼト】
正規軍の剣技ではありませんでした。
傭兵の類のようですが・・・
この者たちの仲間が
まだ付近にいるかもしれません。
しばらくお待ちを。
画面暗転
フォーカス・ゼト
【ビンクス】(右)
ま 待て 降参だ!
もう戦うつもりはねえ!
俺たちはただ雇われただけだ!
【ゼト】(左)
お前たちを雇ったのは誰だ?
【ビンクス】
お 俺たちは腐っても傭兵だぜ。
依頼人の秘密は・・・
ゼト前に出る
【ゼト】
殊勝な心がけだ。
では・・・
ビンクス後ろに下がる
【ビンクス】
ま 待て! 言う!
カルチノだ!
カルチノ共和国の長老の一人
パブロに頼まれたんだ!
【ゼト】
カルチノの長老パブロ・・・?
エイリーク現れる
【エイリーク】(最左)
そんな どうして!
カルチノはフレリアの同盟国です。
それがなぜ私たちを!
【ビンクス】
し 知らねえよ・・・
けど勝ち目の薄いフレリアより
グラドについた方が良いってことだろ。
他の長老たちは反対してるみてえだが
パブロは力ずくで黙らせるつもりらしい・・・
俺が知ってんのはそれだけだ!
他は何も知らねえ!
【ゼト】
いいだろう 行け。
ビンクスが撤退
フォーカス・ゼト
【ゼト】(右)
うかつでした。
当然予測しておくべき事態だった。
カルチノは歴史も浅く
豪商たちが権力を持つ国・・・
グラド帝国の力が増す今
利ばかりに囚われたカルチノが
裏切ったとしても不思議はありません。
【エイリーク】(左)

ヒーニアス王子・・・
ヒーニアス王子はカルチノを通って
ジャハナへ向かわれたはず・・・
もしカルチノが裏切っていたとしたら
敵国の中へ飛び込んだことに・・・
フレリア兵が出現
フォーカス・フレリア兵
【フレリア兵】(左)
エイリーク様っ!
た 大変です! 大変なんです!
【エイリーク】(右)
あなたは・・・ヒーニアス王子に
同行していた伝令の・・・
【フレリア兵】
はい!
ヒーニアス様が大変なんです!
カルチノの奇襲を受けて
もう兵の半数が・・・!
砦を包囲されて 逃げることもできません。
こ このままではヒーニアス様が・・・!
【エイリーク】
そんな・・・
わかりました。あなたは
フレリア本国へ報告をお願いします。
【フレリア兵】
で でもヒーニアス様が・・・
【エイリーク】
ヒーニアス王子のことは
私たちに任せてください。
王子は必ず私たちが助け出します。
全ての村訪問時
画面暗転
【レナック】(左)
・・・なあ あんたたち。
ラーチェル様とあのヒゲのおっさんは
もう出てったよな?
【エイリーク】(右)
あなたは・・・
ええ もうこの街には
おられないようですが。
【レナック】
ふぅ やれやれ・・・これで
タダ働きさせられずにすむぜ。
ああ あんたたち助かったぜ。
これやるよ。
これで俺も自由の身だ。
しばらくぶらぶらして暮らすかな。
レナック消える
【エイリーク】
・・・変わったご関係ですね。
【ゼト】
エイリーク様 我々も
出発した方がよろしいかと。
【エイリーク】
ええ
ヒーニアス王子の元へ急ぎましょう!
天使の衣を手に入れた

村(左)

【レナック】(左)
やれやれ・・・やっと行ったな。
これで俺ももう タダで
こき使われずにすむってわけ・・・

え?
いや独り言だよ。独り言。
な なああんた
あんたにこれやるからさ。
俺がここに隠れてたことは
ラーチェル様には黙っといてくれよな?
竜のたてを手に入れた

村(中央)

【村人】
な なんだなんだ?
勘弁してくれよ・・・
戦争だかなんだか知らないが
俺たちを巻き込むなってんだ。

何? あんたらも
巻き込まれた側だって?
う~ん・・・じゃあ
こいつをやるから
早いとこなんとかしてくれ。
レイピアを手に入れた