FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/新たなる旅立ち

境街セレフィユ

フォーカス・エイリーク
【エイリーク】(左)
・・・・・・
【エフラム】(右)
どうした エイリーク?
【エイリーク】
リオンのことを
思い出していました。
最後に会ったのは
ちょうど一年半前・・・
【エフラム】
そうだな。
グラド帝都でのことだ。
・・・あれからまだ
たったの一年半か。
一年半前
フォーカス・エイリーク
【エイリーク】(右)
兄上 リオン!
もう 二人ともどこですか?
【リオン】(吹き出しのみ)
こっちだよ エイリーク
早く来た方がいいよ。
エフラムがもう待ちくたびれたって。
【エイリーク】
もう 少しくらい
待っててくださっても・・・
画面暗転
エイリークが移動
【エフラム】(最右)
遅い。神殿に行くだけの用意に
なぜそんなに時間がかかるんだ?
【リオン】(左)
エフラム そんな言い方しなくても。
女性に対する敬意と慎みも
王となるべき者には必要だ・・・って
マクレガー司祭も言ってたよ。
【エイリーク】(右)
ありがとう。
リオンは兄上と違って優しいですね。

神殿で聖火にどんな
願い事をするか考えていたのです。
そしたら
つい寝過ごしてしまって・・・
【エフラム】
願い事?
なんだそれは?
【リオン】
ほら 神殿に奉られている聖火は
昔 世界が救われた時にともされたものだから。
参礼に来る人の願い事を
叶えてくれるって言われてるんだ。
【エフラム】
へえ 知らなかったな。
【エイリーク】
兄上・・・またマクレガー司祭に
不勉強だと叱られますよ。
【エフラム】
・・・それは言うな。
それよりエイリーク
お前は何を願うんだ?
【エイリーク】
私は・・・
秘密です。
【エフラム】
なんだ。
つまらないやつだな。
【リオン】
じゃあ エフラムは?
【エフラム】
俺は そうだな。

もっと
強くなれるように だな。
【リオン】
エフラムらしいな。
【エイリーク】
兄上らしいですね。
【エフラム】
・・・それはほめてるのか?
それとも馬鹿にしてるのか?
【リオン】
もちろんほめてるんだよ。
ね エイリーク。
【エイリーク】
ふふ。
ええ そうですね。
【エフラム】
リオンは?
お前は何を願うんだ?
【リオン】
え? 僕?
僕は・・・

みんなが
幸せになれますように かな。
【エフラム】
・・・なんていうか
お前らしいな。
【エイリーク】
リオンらしいですね。
【リオン】
・・・それはほめられてるの?
それとも・・・
【エフラム】
もちろんほめてるぞ。
【エイリーク】
それにしても
なぜ急に神殿に?
また兄上が何か
してしまったのですか?
【エフラム】
あのな・・・
【リオン】
ええと エフラムが
悪いわけじゃないんだ。
エフラムは【聖石】や聖火のこと
ほとんど知らなかったから・・・
【エフラム】
マクレガー司祭に怒られた。
将来 国を治める王となるからには
【聖石】を知り 敬うことを
知らねばなりません・・・だそうだ。
グラドへ学びに来てから 俺は叱られっ放しだ。
王としての自覚が足りないそうだ。
【リオン】
でも デュッセル将軍は
エフラムのことすごく褒めてたよ。
エフラムは勇敢で
王にふさわしい器だって。
【エフラム】
王 か・・・

やっぱり俺には実感がわかないな。
ルネスはエイリークが継げばいい。
俺はこの槍で大陸一の傭兵を目指すぞ。
【エイリーク】
兄上 そのような勝手な!
父上が知ったら
どんなにお嘆きになるか・・・
【エフラム】
あの父上だぞ?
下手したら俺より長生きしそうだ。
当分はデュッセルに師事して
槍の腕をみがくさ。

リオン お前は
何かやりたいことはないのか?
【リオン】
僕? 僕は・・・
やっぱり
父上のようになりたい・・・かな。
【エイリーク】
リオンなら
グラド帝国の皇帝にふさわしいです。
【リオン】
そ そんなことないよ。
僕なんて・・・

でも父上を見てるとわかるけど・・・
皇帝の仕事って本当に大変なんだ。
毎日ろくに眠らずに
何万という民のために尽くして・・
父上はとても
疲れておられるんだ。

だから僕も将来・・・
父上を少しでも助けられたらいいな。
【エイリーク】
リオン・・・立派です。
兄上も少しはリオンを見習ってください。
【エフラム】
・・・と言われてもな。
なあ エイリーク
お前男装して王にならないか?
その色気のない体つきなら
きっとばれないと思うぞ。
【リオン】
あはは・・・
【エイリーク】
兄上!
画面暗転
フォーカス・エイリーク
【エイリーク】(左)
リオンは今どうしてるのでしょうか?
皇帝ヴィガルドのルネス侵攻・・・
リオンはどんな気持ちでいたのでしょう。
【エフラム】(右)
あいつは優しい性格だからな・・・
自分の父を止められなかったんだろう。

だが今のグラド皇帝はもう
まともな状態ではない。
まさか 息子のリオンを手にかけるような
ことはないと思うが・・・
【エイリーク】
無事で また三人で
会えるといいですね。
【エフラム】
会えるさ 必ずな・・・

フレリア城

【ターナ】(左)
エイリーク エフラム
お帰りなさい!
ああ 夢みたい。二人が
一緒に帰ってきてくれるなんて
わたし 毎日お祈りしてたのよ。
二人が無事でいますようにって。
【エイリーク】(最右)
ただいま ターナ。
【エフラム】(右)
すまない。
君にも心配をかけてしまったな。
【ターナ】
ううん いいの・・・
だって こうして
またみんなで会えたんだもの。
お兄さまもね もうすぐ
前線からお帰りになるのよ。
みんなでゆっくり
いろいろなお話しましょう。
エイリーク・エフラムが消え、兵士現れる
【兵士】(右)
ターナ様!
ヒーニアス様が前線より
ご帰還なさいました!
兵士が消え、ヒーニアス現れる
【ターナ】
お兄さま お帰りなさい!
ご無事で戻られて
本当によかった・・・!
【ヒーニアス】(右)
当然だ。
この私がグラドの雑兵相手に
手傷など負うものか。

帝国将軍も皇帝ヴィガルドも みな
我が弓で仕留めるだけのこと。
ターナが消え、エフラム現れる
【エフラム】(左)
ひさしぶりだな ヒーニアス。
【ヒーニアス】
・・・エフラム。
エイリーク現れる
【エイリーク】(最左)
ヒーニアス王子 お久しぶりです。
【ヒーニアス】
・・・ルネスは滅んだそうだな。
以前 警告したはずだ。
グラドなどに
付け入る隙を与えるからそうなる。
ターナ現れる
【ターナ】(最右)
お兄さま!
そんな言い方しなくたって。
エフラムとエイリークは
お父上を亡くされているのに・・・
【ヒーニアス】
・・・・・・
お父上のことは気の毒だったな。

だが エフラム
まずは 一刻も早くグラドを倒し
この戦いを終わらせることが先決だ。
ヒーニアス消える
【ターナ】
もう お兄さまったら・・・
ごめんなさい エイリーク エフラム。
【エフラム】
いや 相変わらずで安心した。
昔から ヒーニアスは
俺を嫌ってたからな。
【ターナ】
お兄さまはエフラムを
ライバルだと思ってるの。
お兄さまは他人に負けるのが
大嫌いだから。
王としても 人間としても
男としても 戦士としても・・・
とにかくエフラムには
何もかも負けたくないんだって・・・
【ヒーニアス】(吹き出しのみ)
ターナ 余計なことをしゃべるな。
画面暗転
【ヒーニアス】(右)
・・・父上が軍議を開くにあたり
お前たち兄妹にも同席してもらいたいという。
謁見の間まで来てもらえるだろうな?
【エフラム】(左)
ああ わかった。
俺の方からも伝えたいことが
いろいろあるからな。
【エイリーク】(最左)
私も 兄上と共に
出席させていただきます。
【ヒーニアス】
こちらだ。
画面暗転
【ヘイデン】(左)
皆 よく無事で戻ってくれた。
・・・さっそくだが 報告を聞こう。
ヒーニアス現れる
【ヒーニアス】(右)
ではまず私から。

私が率いるフレリア軍主力は
南方でグラド軍と交戦中
今のところ 我が軍が優勢に
戦いを進めております。
【ヘイデン】
うむ・・・

しかし わからぬな。
そもそもなぜグラド帝国は
侵略戦争などを始めたのか?
ヒーニアス消え、エイリーク現れる
【エイリーク】(右)
そのことについてですが
ヘイデン様。
私はどうしても気になることが・・・
【ヘイデン】
うむ 伝令から報告は受けておる。
グラド帝国が 【聖石】を
破壊しようとしている・・・ということじゃな。
【エイリーク】
はい。
【ヘイデン】
塔の警備は増強した。ひとまず
我がフレリアの【聖石】は心配あるまい。

だが やはりわからぬな。
【聖石】を破壊して
グラドに何の益があるのか・・・?
【エイリーク】
はい。【聖石】は大陸を魔から守る
大切な守護石だと伝えられているのに・・・
エイリーク消え、エフラム現れる
【エフラム】(右)
・・・そのことと
関係があるかどうかわからないが
実は 俺もグラドについては
気になる話を聞いている。

ミルラ 来てくれ。
【ミルラ】(吹き出しのみ)
はい。
ミルラ現れる
【ヘイデン】
その少女は?
画面暗転
【エイリーク】(最左)
背中に 翼が・・・!
兄上 この少女は?
【エフラム】(最右)
彼女はミルラ。
俺はグラド領内で彼女と偶然出会った。
ミルラ 俺にした話を
もう一度皆に話してくれないか?
【ミルラ】(右)
・・・・・・
・・・エフラムが話してください。
ミルラ消える
【エフラム】
人見知りするんだ。
エフラム前に出る
【エフラム】(右)
とにかく 彼女の話では
ミルラは古の竜人種族
我々の伝説でいうマムクート族だという。
【エイリーク】
マムクート?
【ヘイデン】
うむ 【聖石】の伝説に
何度か出てくる名だ。
人でなく 魔でもない
孤高の種族だと伝えられているが・・・
【エフラム】
ミルラ 頼む。
ミルラ現れる
【ミルラ】(最右)
・・・・・・
私たちは東・・・闇の樹海にいました。
でも・・・
【エイリーク】
でも?
【ミルラ】
ある時・・・
南からまがまがしい気配を感じました。
【エフラム】
グラドの方角だ。
ミルラは グラド帝都から
その気配が流れるのを感じたという。
【ミルラ】
私はサレフと二人で・・・
その気配を確かめることにしました。
でも その途中で
戦いに巻き込まれて・・・
【エフラム】
彼女はそこで一人はぐれ
あてもなくグラド辺境をさまよっていたという。
【ミルラ】
私は悪い人たちにだまされて
つかまってしまいました。
大切な竜石を奪われ
どこかに連れて行かれそうになりました。

でもその時
エフラムが私を助けてくれました。
【エイリーク】
・・・・・・
【エフラム】
俺はグラドに潜伏していた頃
偶然ミルラと出会った。
彼女から聞いた話は
信じられないようなことばかりだったが・・・

この翼を現に見た以上は
信じるしかないだろう。
【ミルラ】
まがまがしい気配は今も
南から流れてきます。
その強く濃い気配が
魔物たちを目覚めさせています。
私はそれを止めたいのです。
【ヘイデン】
ふむ・・・・・・
ミルラ消え、兵士現れる
【兵士】(最右)
ほ 報告致します!
【ヘイデン】
騒がしい 何事じゃ。
【兵士】
塔に安置されていた
フレリアの聖石が・・・
グラド軍の手により破壊されました!
【ヘイデン】
な・・・なんじゃと!
だがあそこには相当数の兵が
警備にあたっていたはず・・・
【兵士】
敵方の将は
【虎目石】のケセルダと
【蛍石】のセライナ!
我がフレリア軍は
半日と持たずに崩壊を・・・
兵士消え、ゼト現れる
【ゼト】(最右)
【蛍石】のセライナか・・・
デュッセル将軍につぐ
ヴィガルド皇帝の懐刀・・・
その一人です。
【ヘイデン】
その者を帝都から動かすほど・・・
敵は【聖石】の破壊を
望んでいるということか・・・
むう・・・
画面暗転
ヴェルニの塔
グラド軍の侵攻、聖石が破壊される
フォーカス・ケセルダ
【ケセルダ】(右)
はっ!
この石ころが【聖石】ねえ・・・
ご大層に祭ってあるわりにゃ
ずいぶんと脆いもんだな
見ろよ。
簡単にぶっ壊れちまったぜ。
本当にこれでご利益あんのか?
ま どうでもいいがな。
フォーカス・フレリア兵
【兵士】(左)
貴・・・様・・・
なんと・・・いうことを・・・
聖石の加護がなくなれば・・・
魔物たちが・・・あふれ・・・
【ケセルダ】(右)
ん? ああ
一人仕留めそこなってたか。
遺言があれば聞いてやるぜ?
フレリアの隊長さんよ。
【兵士】
おの・・・れ・・・
【ケセルダ】
それがあんたの人生最後のセリフか。
冴えねえな。

じゃ あばよ。
フォーカス・セライナ
【セライナ】(右)
待て!
何をしているケセルダ!
我々の任務は【聖石】の破壊だぞ。
ケセルダ現れる
【ケセルダ】(左)
わかってるぜ。だからこうして
ぶっ壊したんじゃねえか。
ついでにフレリア連中も
片付けとこうってだけさ。
【セライナ】
抵抗する力のない者まで
手にかけるな!
無益に人の命を奪うことなど
陛下は望んでおられない!
【ケセルダ】
陛下 ねえ・・・
あんた
セライナって言ったよな。
あの顔色悪いおっさんが
そんなに大切ってわけか?
【セライナ】
貴様・・・
陛下を侮辱するか!
【ケセルダ】
おいおい 冗談だ。
そう熱くなんなよ。
あんたの見上げた忠誠心は
よーくわかったからよ。

フレリア王都の連中が来る前に
ずらかる。行くぜ。
【セライナ】
・・・・・・
画面暗転
【ヘイデン】(左)
なんということだ・・・
まさか 我がフレリアの
【聖石】が破壊されようとは・・・

帝都にあるというまがまがしい気配・・・
各地でうごめきだした魔物たち・・・
そしてグラド皇帝ヴィガルドの侵略・・・
国の守護石である【聖石】の破壊・・・

それらが示すものと
グラド帝国の真意はまだわからぬ。
だが このまま
手をこまねいておるわけにはいかぬようだ。

まずは 我がフレリアと同じく
聖石を持つ国々に警告する必要があろう。
ヴィガルドの狙いが聖石ならば
ルネスやフレリアのみならず
東方のジャハナ ロストンも危うい。
彼らにこの危機を知らせ
共闘を呼びかけるべきであろう。
エイリーク現れる
【エイリーク】(右)
ですが
信じてもらえるでしょうか?
【ヘイデン】
うむ・・・
たしかに伝令を送ったとて
にわかに信用できる話ではあるまいな。
エイリーク消え、ヒーニアス現れる
【ヒーニアス】(右)
父上 私が参りましょう。
【ヘイデン】
ヒーニアス?
【ヒーニアス】
フレリアの王子がじきじきに訪問したとあれば
相手も無下にはできぬでしょう。
私がジャハナ王国へ赴き 同盟の約定を
とりつけて参りましょう。
【聖石】が破壊されたとなれば・・・
領内に魔物たちがあふれ出る危険が高い。
このような状況下で 父上が
国を空けるわけにはいきますまい。
ならば私が行くべきでしょう。
【ヘイデン】
むう・・・
ヒーニアス消え、エイリーク現れる
【エイリーク】(右)
では 私はロストンへ向かいます。
ヘイデン消え、エフラム現れる
【エフラム】(左)
エイリーク・・・?
だめだ お前に
危険な真似をさせるわけには・・・
【エイリーク】
ご安心ください 兄上。
ロストンへは北海を船で渡ればすぐです。
危険はありません。

それに 私は誓いました。
祖国ルネスを取り戻す日まで
私も兄上のように戦います。
【エフラム】
・・・わかった。
画面暗転
【エフラム】(右)
ヘイデン様
俺は西からグラド帝都へ進軍します。
【ヘイデン】(左)
なんと!
こちらからグラドへ攻め込むというのか?
【エフラム】
帝都を制圧すれば 戦争は終わります。
【聖石】を守る必要もない。
こちらからグラドに攻め入り
一気に帝都まで押し進めば・・・
【ヘイデン】
じゃが 帝都には皇帝ヴィガルドに
配下の将軍たちが待ち受けておるぞ。
【エフラム】
それが敵ならば 戦うだけです。
【ヘイデン】
・・・まったく
そなたの豪胆さは父親ゆずりじゃな。

・・・良かろう。
ならばそなたら三人にすべてを託す。

ヒーニアスはジャハナ王国へ。
エイリークはロストン聖教国へ。
そして エフラムはグラド帝都へ。
軍資金はそれぞれに用意させよう。
だが兵たちはそう多くは割けぬ。
いずれも厳しい道のりに
なるであろうな・・・
【エフラム】
三人のうち誰かが途中で倒れれば
戦争はグラドに有利になる。
しくじるわけにはいかないな。
エフラム消え、ヒーニアス現れる
【ヒーニアス】(右)
この私が行くのだ。
失敗などあるはずがない。
ヒーニアス消え、エイリーク現れる
【エイリーク】(右)
私も 必ず
自分の役目を果たします。
参りましょう!
10000G手に入れた
画面暗転
【エイリーク】(左)
では兄上
行ってまいります。
【エフラム】(右)
ああ・・・

正直に言えば
このままお前を行かせたくはない。
お前にはここで 俺の帰りを
待っていて欲しかった。
【エイリーク】
兄上・・・
だ 大丈夫です。
私のことなら心配いりません。
ロストンへ向かう私が
三人の中で一番楽な旅になるのですから。

それより私は 兄上のことが心配です。
グラド帝国と正面から戦うなんて
あまりに危険すぎます・・・
【エフラム】
なんだ。
俺のことが信じられないか?
【エイリーク】
そ そんなことはありません。
兄上の実力は私がよく知っています。
兄上が誰かに負けるはずがありません。
【エフラム】
ははっ お前に
そう言われると自信がつくな。

俺も 自分の限界は
わきまえてるつもりだ。
無理はしないさ。
お前を残して死ぬわけにはいかないからな。
【エイリーク】
兄上・・・
【エフラム】
必ず生きて また会おう。
約束だ エイリーク。
【エイリーク】
はい 兄上・・・
  • エイリークとロストン聖教国へ
  • エフラムとグラド帝国へ
エイリークとロストン聖教国へを選んだ場合
カイル・フォルデ生存時
【カイル】(最右)
エイリーク様!
フォルデ現れる
【フォルデ】(右)
お そろそろ出発ですか?
エイリーク現れる
【エイリーク】(左)
ええ。
カイル フォルデ
私はロストンへ向かいます。
兄上のこと
よろしくお願いしますね。
【フォルデ】
いや それがちょっと
予定が変わっちゃいまして。
【カイル】
我々はエイリーク様に
お供致します。
【エイリーク】
え?
で ですが・・・
【カイル】
エフラム様はフレリア正規軍と
共に出陣されるとのことです。
【フォルデ】
すいません。エフラム様からの
じきじきのご命令でして
自分は心配いらないから
エイリークを守ってやれって・・・
これからグラドと戦おうってのに
無茶言いますよね あのお人は。
【エイリーク】
そ そうです! グラドと戦う
兄上の方がずっと危険なはず・・・
私 兄上にそうお話を・・・
【カイル】
エイリーク様。
エフラム様はご自分の身は
心配ないと仰られました。
我が主君の御言葉である以上
我々はそれを信じております。
【フォルデ】
ま そういうことですね。
心配いりませんよ
エイリーク様。
エフラム様のしぶとさは
俺たちがよく知ってます。
いくら死にかけたって
そうそう死にませんって あの人は。
【エイリーク】
・・・カイル フォルデ

わかりました。
ではよろしくお願いします。
あなたたちは兄が
信頼するすばらしい二騎士。
どうかこれから
私を助けてください。
【カイル】
承知致しました。
祖国ルネスと
エイリーク様の為に!
【フォルデ】
ま こっちは
のんびりいきましょう。
いざって時は俺が
びしっと決めますからね。
【エイリーク】
ええ。
頼りにしています 二人とも。
カイル生存・フォルデ死亡時
【カイル】(?)
エイリーク様!
ご出発なさるのですか?
エイリーク現れる
【エイリーク】(?)
ええ カイル
私はこれから
ロストンへ向かいます。
兄上のこと
よろしくお願いしますね。
【カイル】
いえ そのことですが
私はエイリーク様に
お供致します。
【エイリーク】
え?
で ですが・・・
【カイル】
エフラム様はフレリア正規軍と
共に出陣されるとのことです。
私はエイリーク様をお守りするよう
命令を受けております。
【エイリーク】
そんな。グラドと戦う
兄上の方がずっと危険なはず・・・
私 兄上にそうお話を・・・
【カイル】
エイリーク様。
エフラム様はご自分の身は
心配ないと仰られました。
我が主君の御言葉である以上
私はそれを信じております。
【エイリーク】
・・・カイル

わかりました。
では 私も信じます。
カイル あなたは兄が
信頼するすばらしい騎士。
どうかこれから
私を助けてください。
【カイル】
承知致しました。
祖国ルネスと
エイリーク様の為に!
フォルデ生存・カイル死亡時
【フォルデ】(?)
あれ エイリーク様
そろそろ出発ですか?
エイリーク現れる
【エイリーク】(?)
ええ フォルデ。
私はこれから
ロストンへ向かいます。
兄上のこと
よろしくお願いしますね。
【フォルデ】
いや それがちょっと
予定が変わっちゃいまして。
俺も エイリーク様に
ついてこうかなあ とか。
【エイリーク】
え?
で ですが・・・
【フォルデ】
すいません。エフラム様からの
じきじきのご命令でして。
自分は心配いらないから
エイリークを守ってやれって・・・
これからグラドと戦おうってのに
無茶言いますよね あのお人は。
【エイリーク】
そ そうです! グラドと戦う
兄上の方がずっと危険なはず・・・
私 兄上にそうお話を・・・
【フォルデ】
心配いりませんよ
エイリーク様。
エフラム様のしぶとさは
俺たちがよく知ってます。
いくら死にかけたって
そうそう死にませんって あのお人は。
俺たちほどじゃないですけど
フレリア正規軍も一緒ですしね。
【エイリーク】
・・・フォルデ

わかりました。
ではよろしくお願いします。
あなたは兄が
信頼するすばらしい騎士。
どうかこれから
私を助けてください。
【フォルデ】
ま こっちは
のんびりいきましょう。
いざって時は俺が
びしっと決めますからね。
【エイリーク】
ええ。
頼りにしています フォルデ。
エフラムとグラド帝国へを選んだ場合
【ゼト】(右)
エフラム様。
エフラム現れる
【エフラム】(左)
ゼトか。
俺はそろそろ出発する。
エイリークのことは
お前に任せたぞ。
【ゼト】
いえ その件に関してですが・・・
我々はエフラム様に
同行させていただきます。
【エフラム】
何?
エイリークは?
【ゼト】
エイリーク様は フレリアの護衛を
伴って出発すると仰られました。
使者の船旅ですから
あまり大人数は必要ないと・・・
【エフラム】
だが
万一のことがある。
ゼト 俺なら心配ない。
エイリークの護衛についてくれ。
【ゼト】
エフラム様 これは
エイリーク様のご希望でもあります。
前線で戦うことになる兄のために
どうか力になって欲しい・・・
エイリーク様は 一人一人に
そう言って頭を下げられました。
旅の途中で参入した者たちも
皆 心を動かされたようです。
【エフラム】
エイリークのやつ・・・
わかった。
では全員俺についてきてくれ。
そのかわり こちらは
楽な行軍ではない。
命が惜しくない者だけ
志願してくれ。
【ゼト】
では そのように伝えます。
ですが おそらく
脱落者は出ないかと。
皆 勇んで
出発の準備をしております。