FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/クーガー&デュッセル

クーガー&デュッセル C

【デュッセル】(右)
クーガー・・・
【クーガー】(左)
デュッセル殿。
【デュッセル】
大丈夫か?
【クーガー】
・・・俺は見ての通りです。
何も問題はありません。
【デュッセル】
いや、身体のことではない。
お前の、心のことだ。
【クーガー】
・・・・・・
【デュッセル】
わしは自らの強い意志で
グラドを抜けここにいるが、
幸い、中心人物となる者たちの中に、
旧知の間柄の人間がいた。
心が安らぐという訳ではないが、戦う為に、
今は新たに信じるものがある。
だが、お前は・・・
【クーガー】
・・・俺も自分の強い意志でここにいます。
ご心配は無用です。
【デュッセル】
・・・・・・・
【クーガー】
俺は、俺自身を信じています。
だから、どこにいようと問題はありません。
例え俺がどこにいて何をしようとも、
兄貴なら・・・きっと分かってくれる。
【デュッセル】
クーガー・・・
【クーガー】
それに、この軍にはデュッセル殿、
あなたがいる。
帝国の【黒曜石】とうたわれたあなたと
共に戦える事、悪くありません。
【デュッセル】
うむ。
クーガー。この戦、必ず勝利を手にしよう。
我らが信じるものの為に。
【クーガー】
はい。

クーガー&デュッセル B

【クーガー】(右)
デュッセル殿。
【デュッセル】(左)
おお、クーガー。
見事な働きぶりだな。
【クーガー】
いや、
デュッセル殿にはかないません。
ところで、前から一つ、
お願いがあったのですが。
【デュッセル】
なんだ? 言ってみるがいい。
【クーガー】
宝のように携帯されているという、
小槍を見せてはもらえないでしょうか?
【デュッセル】
戦場では使わぬというのに、
よく知っておるのだな。
・・・それは、この槍のことか?
良ければ、遠慮なく見てくれ。
【クーガー】
こ、これはやはり・・・
名匠・ガヴレウスの・・・
【デュッセル】
ほぉ・・・
若いのにガヴレウスを知っているとは、
なかなか武器に精通しておるようだの。
これは、ガヴレウス晩年の作品。
数あるわしのコレクションの中でも、
もっとも美しい武器の一つだ。
もちろん
実戦にも使えるのだが、
わしはこの刃先の輝きを
血で汚したくなくての。
この槍を使う時があるとすれば、
それはわしの最期の時だと心に決めている。
【クーガー】
持ち手の心まで
見透かすような輝きだ。
確かに、この槍を血で汚すのは
はばかられる。
【デュッセル】
おお、そこまでわかるか?
クーガー、お前は見る目があるようだな。
【クーガー】
恐れ入ります。
だが、
それもまたデュッセル殿には及びません。
【デュッセル】
いやいや・・・
しかし・・・実はお前の兄にも、
この槍を見せた事があったのだが・・・
【クーガー】
兄貴にも?
【デュッセル】
ああ。
やはり兄弟であるな。
同じような事を言っておった。
【クーガー】
そうですか・・・
【デュッセル】
やはり、武人にとって武器は命。
お前も話のわかる男で、わしはうれしいぞ。
やがてお前も兄に劣らない
立派な竜騎士となるだろう。

クーガー&デュッセル A

【デュッセル】(左)
クーガー・・・
お前に見せたいものがあるのだ。
これだ、この槍。
お前はこの槍をどう思う?
【クーガー】(右)
! ・・・こいつはまた、
背筋が凍るような迫力だ・・・
俺にはまだまだ、
これほどの槍は扱えません。
【デュッセル】
うむ、そう思うか。
この槍を持つと、わしも震えが走る。
とてもではないが、戦では使えない。
これは人を狂わせてしまう槍だからな。
【クーガー】
・・・人を・・・狂わせる・・・?
【デュッセル】
そうだ、クーガー。
これは我が家に代々伝わる魔性の槍・・・
使い手を狂気に走らせると伝えられ、
我が家では当主となった者が肌身離さず、
しかし、決して実戦で使う事なく
受け継がれてきたものなのだ。
なのに、わしは・・・
大きな過ちを犯してしまった・・・
あのヴァルターに、
この槍を使わせてしまったのだ・・・
【クーガー】
ヴァルターに!?
【デュッセル】
うむ・・・
・・・ある戦の最中の事だ。
ヴァルターの槍が折れてしまい、
わしが目を離した一瞬のあいだに、
奴は無断でこの槍を手にしおったのだ。
その瞬間から、奴はおかしくなった・・・
逃げまどう者にまで斬りかかっていったのだ。
すぐに気づいて取り上げたものの、
すでにヴァルターの中の狂気が目覚めていた。
それからだ・・・奴が血を求め、
戦う事を楽しむようになったのは・・・
元々、奴にその気性が無かった訳ではない。
しかし、それを開放し、増大させたのは、
まぎれも無い、この槍のせいであったのだ。
【クーガー】
・・・・・・
この刃先の異様な輝き・・・
どこかで見た事があると思ったら、
・・・ヴァルターだ・・・
戦場でのヴァルターの目の輝きと同じ・・・
ヴァルターがこの槍のせいで狂気に・・・
・・・・・・
デュッセル殿、良ければこの槍、
俺に預けてもらえないでしょうか?
【デュッセル】
何!? お前が?
し、しかし・・・
【クーガー】
やはり、ヴァルターのように
なってしまうのではないかと、心配ですか?
【デュッセル】
い、いや・・・
・・・・・・
【クーガー】
この槍は、誰かが乗り越えなければならない。
俺にはそんな気がしました。
武器とは、心正しき者が扱ってこそ武器。
間違った者が扱えばただの凶器に変わる。
俺は決して、
この槍に魅入られたわけじゃありません。
ただ、この槍を武器として、
正しく使ってやりたいんです。
【デュッセル】
・・・・・・
分かった、クーガー。
これはお前に預けよう。
わしには息子がおらぬ。だから、
この槍を受け継ぐ者も決まっていなかった。
今、信用できる人間に預けるのが
最も良策であろう。
それに、現時点でわしが感服するような
武器を見る目と力が備わっているお前なら、
そう遠くない日に
この槍を扱える日がくるかもしれん。
この槍の狂気を抑えることができれば、
これほどの名槍は他にないだろう。
・・・わしはこれを使う勇気がなかったが、
この槍が正しく使われる姿が見たいのだ。
・・・わしはお前に託そう。
いつか、この槍をお前に使ってほしい。
【クーガー】
引き受けました、デュッセル殿。

ではこの闘いが片付いた後、
落ち着いた時に預からせてもらう事にします。
気が高ぶっている戦闘中に預かると、
ヴァルターの二の舞い、
という事も、考えられますからね。
【デュッセル】
うむ、分かった。
クーガー・・・頼んだぞ。
その槍が武器として正しく扱われる日を、
楽しみにしている。
【クーガー】
はい。
その時まで、
どうか長生きして下さい、デュッセル殿。
【デュッセル】
うむ。