FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/ドズラ&ユアン

ドズラ&ユアン C

【ドズラ】(右)
よう、ぼうず。
【ユアン】(左)
あっ、うん!
ええっと・・・
【ドズラ】
ガハハハ! わしはドズラじゃ。
【ユアン】
僕、ユアンだよ!
よろしく、ドズラのおじさん!
【ドズラ】
おぅっ、元気がいいのう。
やんちゃ盛りといった感じじゃ。
しかし、何か考え事をしとったようじゃが?
悩み事か?
【ユアン】
ううん、ぜんぜん。
悩み事じゃないよ。
ちょっと面白いこと考えてたんだ。
聞いてくれる?
【ドズラ】
うむ、話してみてくれ。
【ユアン】
あのね、こういう事が出来たら楽しいな・・・
って考えてたんだけどね、
【ドズラ】
ふむふむ。
【ユアン】
戦で行く場所って自然豊かな所もあるけど、
荒れ果ててたり、殺風景な場所もあるでしょ?
【ドズラ】
うむ。
【ユアン】
そこを、あっという間に綺麗に彩る事が
できたら、楽しいと思わない?
たとえば、お花畑とかさ。
【ドズラ】
ほほう、戦場に花畑とな。
それはなかなか良いな。
戦で疲れ果てた心も、和むやもしれん。
で、どうやるんじゃ? 魔道とやらの力でか?
【ユアン】
ううん。
最初はそう考えてみたんだけど、
それだと、魔道を使える人にしか
楽しむ事ができないでしょ?
僕は、みんなが誰でもできるようになれば
いいな・・・って、思うんだ。
【ドズラ】
ほう・・・
難しいことはよくわからんが、
すごく夢のある話じゃな。
もし出来たとしたら、本当に楽しいじゃろう。
【ユアン】
あはは、実はどうやるかなんて、
全然考えてないんだけどね。
でも、できたら楽しいなぁ・・・って、
そう思ったんだ。
【ドズラ】
ガハハハハ!
いやいや、子供はそれでよい。
そういった思いつきが、
新しい何かを生み出すんじゃ。
【ユアン】
そう? そう思う?
やったぁ! おじさん、いい人だね。
【ドズラ】
ガハハ! そうか?
【ユアン】
うんっ。
あっ、じゃあ僕そろそろ行くね。
またね、ドズラのおじさん!
【ドズラ】
おう、ぼうず!
また会おう!

ドズラ&ユアン B

【ドズラ】(右)
よぉ、ぼうず。
【ユアン】(左)
ドズラのおじさん!
【ドズラ】
おっ、今日も元気でやっとるな?
【ユアン】
うん、僕はいつだって元気だよ。
ドズラのおじさんは?
【ドズラ】
うむ、わしも元気じゃが、
正直言うと少し疲れたわい。
わしは、人より足が遅いからの。
余計に疲れるんじゃ、ガハハ!
何かこう、楽に移動できる手段があれば
いいんじゃがの。
【ユアン】
あっ、それそれ。
実は考えてた事があるんだ。
ねぇ、また話を聞いてくれる?
【ドズラ】
おっ、なんじゃ?
また面白い事を考えついたのか?
【ユアン】
うん!
【ドズラ】
どんな事じゃ?
【ユアン】
馬車・・・ってあるでしょ?
【ドズラ】
うむ。
【ユアン】
馬車って、何人も乗れたり、
沢山の荷物を運べたり、便利だよね?
【ドズラ】
うむ、便利じゃな。
怪我した者や、老人、幼子などが遠出する
際にも、とてもありがたいものじゃ。
じゃが、悪路ではチト苦しいし、
木々の間が狭い森などは通れん。
戦に使えぬのが残念じゃ。
【ユアン】
うん、だったらさ、
空飛ぶ馬車を作れないかな・・・って
思ってさ。
【ドズラ】
なんと・・・!

それはやはりペガサスを使うのか?
【ユアン】
最初はそう考えてみたんだけどね。
でも、それだけじゃちょっと無理かな。
ほら、ペガサスって自分が主人と認めた
人しか乗せないって言うしさ。
どうやるかなんて、やっぱりまだ
全然考えてないんだ。
だけど、もし実現したとしたら、
きっとすごいよ。
空を飛ぶから悪い道や森なんて関係無いし、
とっても速いと思うんだ。
【ドズラ】
ほぉぉぉぉ~!
【ユアン】
離れた場所に住んでても、
すぐに会いに行けちゃうしさ。
どうかな、こんなの!
【ドズラ】
ガハハハハ! 素晴らしいわい!
それがもし実現したら、確かに便利じゃ!
それに、楽しそうじゃしな。
ぜひ、わしも乗ってみたいぞ。
空から見る大地、輝かしい朝日や夕焼け。
飛んでいる時の風も感じてみたい。
実に夢のある話だ。
【ユアン】
いつかできたらいいなぁ。
【ドズラ】
本当じゃな。
それにしても、ぼうずの話は面白いわい。
また聞かせてくれよ。
【ユアン】
うん!

ドズラ&ユアン A

【ユアン】(左)
あっ、
ドズラのおじさん。
ねぇ、聞いて。
今度はこんなの考えたんだ。
【ドズラ】(右)
おおう、聞かせてもらおう。
【ユアン】
離れた人同士が、お話をできるの。
【ドズラ】
離れた人?
ほう・・・100歩くらいか?
【ユアン】
ううん、もっとだよ。
【ドズラ】
1000歩・・・くらいか?
【ユアン】
ぜんぜん。もっと、もっとだよ。
【ドズラ】
まさか・・・10000歩くらいか!
【ユアン】
違うよ。
例えばそうだな・・・
フレリアと、ロストンくらい離れてても
大丈夫なくらいだよ。
【ドズラ】
なんと!
【ユアン】
自分が話したい人を思い浮かべるとね、
その人と話ができるの。
魔道の中にはそういった類のものも
あるらしいけど、
やっぱり魔道じゃなくて、誰もがみんな
できるようになればいいな・・・って思うんだ。
【ドズラ】
ほう!
それはその・・・
それぞれが皆、いつでも伝令を届けたり、
届けてもらえたりするようなものかの?
【ユアン】
ううん。もっと凄いんだよ。
そういった伝令みたいに届けるのに
時間がかかるんじゃなくて、
本当にこうやって話をするみたいに、
同じ時間に意思を伝えあうことができるの。
どう、出来たら便利だと思わない?
【ドズラ】
ほう・・・こりゃまたまいったわい。
実現したとすれば、驚くほど便利じゃろう。
【ユアン】
うん! 
離れていても、
自分は誰かと心が通じあってるんだって、
そう思えるよ、きっと。
【ドズラ】
いやいやいや・・・
まったく、次から次へと凄い発想じゃな。
ぼうずの想像力には、
まったく驚かされるばっかりじゃ。
【ユアン】
えへへへ。
でも、ときどき突拍子も無さ過ぎるって、
怒られる事もあるよ。
【ドズラ】
ガハハハ! 確かにそうじゃわい。
しかし発明というものは、
そういった突拍子もない思いつきから
生まれるものではないかな?
想像する事がなければ、新しいものなど
創り出されはしないじゃろうしな。
【ユアン】
ドズラのおじさん・・・
おじさんは、いつもこうしてちゃんと
僕の話を聞いてくれるね。僕、嬉しいよ。
【ドズラ】
子供の話を聞き、また子供に話してやるのは、
本来、大人の務めじゃ。
まぁ、悲しいかな、中には忙しくて
相手ができん不びんな者もいるようだがの。
そこにくるとほら、それ。
わしはラーチェル様のお付きじゃが、
難しいことはよくわからん。
だから出番が少ない。
ゆえにヒマ人なんじゃ。
いつでも話をしようじゃないか。
【ユアン】
・・・ありがとう・・・
僕、ドズラのおじさん大好きだよ!
【ドズラ】
ガハハハハ! 嬉しい事をいってくれよる。
わしもぼうずが大好きじゃぞ。
きっとお前さんは大きくなったら、
立派で、面白い大人になるだろう。
【ユアン】
本当?
【ドズラ】
おうとも。
その眼の輝きを見とったら分かるわい!
【ユアン】
やったぁ! えへへへ。
【ドズラ】
いつか、ぼうずが言ったようなものが
できる日がくるといいな。
【ユアン】
いつか、きっと来るよ。
なんとなくだけど・・・けど確かに、
そういった世界が僕には見えるんだ。
【ドズラ】
ガハハハハ!
そうか、そいつは楽しみだ。
その時が来るまで、
長生きしなければならんな。
【ユアン】
うんっ!
おじさん、ずっと僕の友達でいてね!
【ドズラ】
もちろんじゃ!