FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/ドズラ&レナック

ドズラ&レナック C

【レナック】(左)
はぁー・・・
何の因果でこんなことに
なっちまったのかねえ・・・
【ドズラ】(右)
レナックよ。
ラーチェル様に出会えた事が、
よほどうれしかったと見えるのう。
ガハハ! お互い無事で何よりだ!
【レナック】
・・・相変わらずだぜ、ドズラのおっさん。
その空気の読めなさ、話のずれ具合。
悲しんでいるの、
嘆いているのよ、俺は!
あんたはラーチェル様お抱えの
臣下だから、ここにいるのは当然だろ?
でも俺は違うの。臨時採用、わかる?
雇われの身なの! 臣下じゃないの!
【ドズラ】
ガハハ! 相変わらずおぬしの話は面白いのう。
むずかしいことはよくわからんが・・・
【レナック】
別におもしろい話もしてないし
ぜんぜん、むずかしくもないっつーの!
別にこの軍で働く事がいやな訳じゃないのよ。
だけど、またあの方と一緒なんて・・・
前回の報酬だって
まともに払ってもらってないのに。
【ドズラ】
おお、報酬のことであったか。
ならば安心いたせ、レナック。
ラーチェル様を無事
ロストンまで護衛したあかつきには
国王陛下がおまえの望むだけの報酬を
与えてくださるであろう。
【レナック】
最初にお会いした時もそう聞きましたけどね。
俺の望むだけの金額っていくらかわかる?
聞いたら、国王陛下もぶっとぶぜ?
【ドズラ】
ムム、1000ゴールドほどか?
【レナック】
はあ? そんな金額じゃ武器もまともに
買えんでしょうが!
【ドズラ】
なんと、5000か?
【レナック】
0の数が1つ違うでしょ、おっさん。
【ドズラ】
おお、すまん、すまん。
500であったか。
【レナック】
何で減るの? 減っちゃだめでしょ!
5万だからな! 5万!
耳を揃えてきっちりもらうからな!
【ドズラ】
そうか、わかった!
5万人の耳を揃えればよいのだな。
よろしい、おぬしがロストンに入国したら
市民5万人を広場に集めてやろう!
おぬしの楽しい旅の話、5万人の耳にぜひ
聞かせてもらうぞ!
【レナック】
もういいわ、おっさん。
愚痴った俺がまぬけだった。

ドズラ&レナック B

【レナック】(左)
人生って・・・
はかないものね、おっさん・・・
【ドズラ】(右)
何を、たそがれておるレナック。
覇気をなくしては戦には勝てぬぞ!
【レナック】
俺はこの旅で、つくづく
人生のはかなさ、空しさを知ったわけよ。
ああ、人ってどうして
生きているんだろう・・・
【ドズラ】
生きておらねば、死んでおる。
生きておるからこそ腹も減る・・・
ム!
そろそろ飯の時間じゃわい。
今日は何の料理じゃろ?
わくわくするな。
【レナック】
・・・悩みが無いって
うらやましいよ、おっさん。
・・・おっさんだけじゃねえ。
きっとあのお人も悩みなんて
ないんだろうな・・・
【ドズラ】
なんじゃ?
ラーチェル様のことか?
あの方はこの世はすべて自分の思い通りに
なると信じておられるからな。
そもそも悩むということが
どういうことかもご存知あるまい。
【レナック】
・・・つくづく
うらやましいお人だぜ。
俺もこう見えても
カルチノ一の豪商の生まれ。
世の中なんて金でどうにかなると
思っていたよ。
金がすべて、金があればなんでも手に入る!
お金大好き! 愛してるー! ってね・・・
【ドズラ】
カルチノのお父上も商売繁盛、
めでたいことだのう。
【レナック】
それがだ・・・お金なんてなくても
何でもできるお人がいるとはさ・・・
あの強引なまでの自己中心っぷりで
周りを納得させちまうんだもんな。
あれは常人にはできねえ技だぜ。
【ドズラ】
それがラーチェル様じゃ!
不可能を可能にされるお方なのじゃ!
おまえも、ラーチェル様のお人柄に
感銘したからこそここにおるんじゃろ?
【レナック】
感銘っていうよりも・・・
呆れて開いた口が塞がらないって感じかも。
【ドズラ】
何? 口がふさがらんとはいかん!
アゴでも外れたか?
ドズラ前に出る
【ドズラ】
どれ、わしが治してやろう。
レナック後ろに下がる
【レナック】
やめろって! たとえだっつーの!
た・と・え!
力技でぼけるのだけはやめなさいって!
【ドズラ】
ガハハ!
冗談じゃ冗談!
【レナック】
ふうう・・・
この主人にしてこの臣下ありというか・・・
ラーチェル様についていけるのは
あんただけだぜ、ドズラのおっさん。

ドズラ&レナック A

【ドズラ】(左)
レナックよ、
わしもふと思うことがある。
この激しい戦いで、いつかわしも
命を落とすかもしれん。
【レナック】(右)
なんだい突然、
縁起でもねえ。
【ドズラ】
その時までにぜひ、生きてる内に
ラーチェル様の花嫁姿を見たいと。
それがわしの生涯の願いじゃ。
【レナック】
そうは言っても
こればっかりはなあ。
あのラーチェル様をもらおうって
奇特な王子様は、
そう簡単に
みつからないんじゃねえの?
【ドズラ】
もしもわしが戦場の露となり、
生きて帰れぬようになれば・・・
おぬし、わしの代わりに見届けてくれ。
【レナック】
はあ? なんでよ?
いやだって、お断りします!
おっさんは家臣だろうが、
俺はただの護衛よ。盗賊よ。
この戦いが終わって報酬もらったら
さよならなの。わかる?
ラーチェル様も身を固めたら
ロストンから一生、出ないだろうし、
俺には関係ないね。
【ドズラ】
冷たいのう、レナックよ・・・
残念じゃのう。さぞお美しいだろうにのう。
ラーチェル様の花嫁姿は・・・
こうしてそっと・・・まぶたを閉じれば
その光景が浮かんでくるわい。
【レナック】
話聞くだけなら付き合ってやるよ。
で、どんな光景だい?
【ドズラ】
司祭の前で永遠の愛を誓われるお二人。
歓喜に沸きたつ我がロストン国民達!
【レナック】
「ラーチェル様、おめでとうございます!」
「王子様、御愁傷様です」
【ドズラ】
その中を花や金銀の宝石で彩られた馬車に
乗り、笑顔で手を振るラーチェル様・・・
レナック前に出る
【レナック】
え! そんな凄い馬車があるのかい?
そりゃあ、ぜひ見なくちゃなあ。
じゃあ俺も沿道で旗を振って
お祝いに駆けつけるぜ、おっさん!
ドズラ前に出る
【ドズラ】
そ、そうか!
それは喜ばしいことじゃ。
駆けつけたおまえを見つけ、
ラーチェル様も驚かれるぞ!
【レナック】
ああ、きっとラーチェル様は満面の笑顔で
こう言うんだぜ。
「まあ、レナック。
こんなところで何をしているのです。
このまま私達の後についてきなさい」って。
【ドズラ】
そしてそのまま大陸横断の新婚旅行に
出かけられるラーチェル様・・・
そうか! 新婚旅行の護衛にもついてくれるか
レナックよ! 頼もしいぞ! ありがとう!
【レナック】
し、しまった、つい乗せられて・・・
【ドズラ】
おまえもこれで、すっかり身も心も
ラーチェル様の家臣じゃのう。ガハハ!
【レナック】
・・・このまま一生、ラーチェル様から
逃れられない気がする・・・