FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/ヒーニアス&ジスト

ヒーニアス&ジスト C

【ジスト】(右)
よう王子、
調子はどうだい?
【ヒーニアス】(左)
ジスト・・・
君には
見苦しいところを見せたな。
【ジスト】
ん? 何のことだ?
【ヒーニアス】
君に助けられた時のことだ。
君がいなければ、
私はカルチノ傭兵の手にかかっていただろう。
【ジスト】
ま、それが俺の仕事だからな。
しかし、どうしたんだい?
王子らしくもねえ。
【ヒーニアス】
私はこれまで幾度となく
兵たちを率いて戦ってきた。
私は指揮官として
正しくふるまってきたつもりだが、
兵たちの中には
私に不満を持つ者が多かった。
【ジスト】
ははは・・・
【ヒーニアス】
だが君は違う。
初めて会った時からそうだった。
なぜそんなに
泰然としていられる?
【ジスト】
って言われてもな・・・
まあ、こいつが俺の性分ってやつさ。

戦場で長話もなんだ。
そろそろ行こうぜ。
【ヒーニアス】
ああ・・・

ヒーニアス&ジスト B

【ヒーニアス】(左)
相変わらずの腕だな。
【砂漠の虎】ジストは、
健在のようだ。
【ジスト】(右)
何・・・俺の剣の腕なんて
たかが知れてるさ。
俺はもともと戦いが好きで
この仕事を始めた訳じゃないんだ。
まったく、何の因果で
こんな真似始めちまったんだか・・・
【ヒーニアス】
だが君の勇名は
父からも聞いていた。
かつては大陸でも名の知られた
男だったそうではないか。
【ジスト】
ま、昔はしょうがねえから
無理してただけさ。
そうでなきゃ
生き残れなかったからな。
だがやっぱり、
戦いはどこか性にあわねえよ。
【ヒーニアス】
ならば、
なぜ傭兵などに?
【ジスト】
ん・・・簡単な話さ。
笑っちまうくらいにな。
ガキの頃、俺の村の幼なじみが
傭兵になるって言い出してな。
そいつは戦で名をあげて
大陸一の戦士になるとか舞い上がっちまって。
いくら俺がやめとけって言っても、
ききやしねえ。
しょうがねえから俺も、
そいつと組んでジャハナのギルドに行った。
馬鹿みてえな理由だろ?
俺は当時、戦いが好きって訳でもなかったし、
報酬にゃあ興味が無い事もなかったが、
名声なんてのは
これっぽっちもいらなかった・・・
ただまあ、
そいつが死ぬのがいやだったのさ。
【ヒーニアス】
その知り合いは
今、どうしているのだ?
【ジスト】
死んじまったよ。
【ヒーニアス】
・・・・・・・
【ジスト】
だから、もう傭兵なんざ
続ける理由はねえんだが・・・
その頃には俺にも
仲間って言える奴らがいた。
そいつらを
見捨てちまいたくねえ・・・
とか言ってるうちに、
ズルズルここまで来ちまったわけだ。
だから俺はなるべく
仲間が死ぬのを見たくねえ。
ま、長くこの稼業やってりゃ
なかなかそうもいかねえし、
そん時は、酒のんで
忘れちまうしかねえんだがな。
だから・・・そうだな。
あんたに死なれると困るな。
夜に呑む酒が
また増えちまう。
【ヒーニアス】
・・・ふん、
私がそう簡単に負けるものか。
見くびってもらっては困るな。
【ジスト】
ははっ、そうだな。

ヒーニアス&ジスト A

【ヒーニアス】(左)
ジスト。
【ジスト】(右)
ん?
【ヒーニアス】
・・・私は今まで思っていた。
王族たる者は、
他人に隙を見せてはならない。
常に完璧であらねば、
敵に付け入られるだけだ、と。
【ジスト】
ああ、それで?
【ヒーニアス】
だが君と出会って・・・
私は少し変わったようだ。
父上は出発の前に
私に君から何かを学ぶようにと言われた。
あの時は、傭兵などから学ぶものなど
何も無いと思っていたものだが・・・
今は、父と君に感謝している。
【ジスト】
よしてくれ。俺にしてみりゃ
あんたの方がよほど立派だぜ。
あんたの生き方は、
俺にはとても真似できねえからな。
【ヒーニアス】
私が?
【ジスト】
ああ、あんたはいつも自信満々で
プライドが高い。
初めて会った相手は、たいてい
なんて高飛車な野郎だと思うだろうな。
【ヒーニアス】
・・・・・・
【ジスト】
だが、それがあんたの味だ。
プライドが高いってことは、
悪いことじゃねえさ。
そのプライドを保つために
あんたは死ぬほど努力してきたはずだ。
たとえ負けようがくじけようが、
あんたは言い訳に逃げ込まない。
どんなに痛かろうが苦しかろうが、
プライドを保つために戦い続ける。
あんたのその性格・・・
俺はけっこう嫌いじゃないぜ。
【ヒーニアス】
・・・・・・
当然だ。
私はいずれ王になる。そして
フレリアを大陸一の大国にしてみせる。
富も力もある素晴らしい国にな。
その時には君を、
フレリア軍の将軍に任命したい。
いや、君の方から
頼みにくるようにしてみせる。
【ジスト】
ははっ、楽しみにしてるぜ。