FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/アメリア&ユアン

アメリア&ユアン C

【ユアン】(右)
あっ!
ねぇ。きみ、なんていうの?
【アメリア】(左)
あたし?
あたしは、アメリア。
【ユアン】
えへへ、アメリアか。
僕、ユアンだよ。よろしくね。
【アメリア】
うん、ユアン。
よろしくね。
ねぇ、ユアンもこの軍で戦ってるの?
【ユアン】
うん、そうだよ。
僕、魔法が使えるんだ。
【アメリア】
そうなんだ?
あたしと同じくらいの年なのに、すごいね。
【ユアン】
えへへ。
お師匠さまに比べると、まだまだだけどね。
良かったら、見せたげよっか?
【アメリア】
い、今ここで?
でも、危ないんじゃないの?
【ユアン】
魔法はね、戦うばかりじゃないんだよ。
例えばね・・・
ほらっ!
こんな事もできるんだよ。
【アメリア】
うわぁ・・・
きれい・・・!
沢山の小さな光が集まって、
クルクル回って・・・
ねぇ、これ何の魔法なの?
【ユアン】
これ?
これはね、女の子を喜ばせる魔法だよ。
【アメリア】
? あっ・・・!
・・・もう、ユアンったら。
【ユアン】
えへへへ。
【アメリア】
あはっ。
【ユアン】
良かったら今度、
アメリアの槍さばきも見せてね。
【アメリア】
えっ? う、うん。
でも・・・きっと面白くないよ?
【ユアン】
そんなこと無いよ。
なんだってそうなんだけど、
物事は、どう楽しむか・・・だよ。
【アメリア】
どう・・・楽しむか?
【ユアン】
そう。
例えば、この戦いもね。
じゃあ、アメリア。
またね!
ユアン消える
【アメリア】
あっ!
・・・・・・
ユアンって、マイペースだ・・・

どう・・・楽しむか・・・か・・・
きっと・・・人生もそうなんだろうね。

アメリア&ユアン B

【アメリア】(左)
あ・・・
アメリア右端に移動
【アメリア】(右端)
ふぅっ。
よし、このあたりで少し休憩しよ。
ユアン現れる
【ユアン】(左)

・・・・・・
ユアン右に移動
【ユアン】(右)
わっ!
【アメリア】
きゃああ!
二人が一旦消える
【ユアン】(左)
あははは。
アメリア、僕だよ。
【アメリア】(右)

・・・ユアン?
もう・・・どうしてそういう事するの?
敵かと思って、心臓止まりそうになったよ。
【ユアン】
あははは。言ったじゃない。
どう楽しむか、だって。
今のはアメリアとの再会を、
楽しく演出したんだよ。
【アメリア】
あたしはちっとも
楽しくなかったよ~。
【ユアン】
えへへへ。
あっ、そうそうアメリア。
この間言ってたでしょ?
アメリアの槍さばき、見せてみてよ。
【アメリア】
う・・・うん。
分かった。
それじゃあ、やってみるね。
見てて・・・
【ユアン】
うん。
アメリア前に出る
【アメリア】
・・・・・・
えいっ!
・・・それっ!
【ユアン】
うんうん。
アメリア後ろに下がる
【アメリア】
ふっ!
・・・たぁっ!
【ユアン】
へぇ~。
アメリア前に出る
【アメリア】
・・・・・・
・・・やあっ!!
【ユアン】
あっ、やったね!
【アメリア】

【ユアン】
うん、アメリア。結構やるじゃない。
他の騎士の人にも、全然劣ってないよ。
【アメリア】
ほんと!?
ふぅっ・・・!
実は最近ね、
ちょっと頑張って練習したの。
あはっ、
そう言って貰えると嬉しいな。
でも・・・
さっきのユアンの
「やったね!」って・・・
あっ!
まさか・・・
【ユアン】
えへへ。
スカートの中、見えちゃった。
【アメリア】

あ・・・う・・・

もうっ! 
ユアンが言ってる楽しみ方って、
こういうこと?
【ユアン】
あはは。
別にそういった意味で言ったんじゃないよ。
【アメリア】
むぅー。
ほんとかなぁ・・・
【ユアン】
あはは。
でもさ、エイリーク様もそういうの
着てるよね。流行ってるの?
【アメリア】
さ、さぁ・・・
でも、動き易いの。だから・・・
【ユアン】
うん。
僕は可愛くて、いいと思うよ。
【アメリア】
もぅっ・・・
ユアンったら、調子いいんだから。
【ユアン】
えへへへ。

アメリア&ユアン A

【ユアン】(左)
アメリアは、旅をした事ある?
【アメリア】(右)
旅?

う~ん、旅というか・・・
生まれて小さい頃まで育ったシルバ村から、
帝都まで、一人で行ったくらいかなぁ・・・
思えば、今までグラドからは
出たことがなかったよ。
【ユアン】
そうなんだ?
僕はね、前にお師匠さま・・・
ポカラの里の賢者サレフ様と、
何ヶ月かの間、
修行の旅に出かけたよ。
【アメリア】
どこに行ったの?
【ユアン】
マギ・ヴァル大陸の、色々な所だよ。
ルネスもフレリアも、ロストンもジャハナも。
もちろん、アメリアのいたグラドもね。
【アメリア】
へぇ~、いいなぁ。
【ユアン】
うん、すごくおもしろかったよ!
知らないものとか沢山見れて、楽しかった!
・・・あっ、そうだ。
ねぇ、アメリア。
【アメリア】
なに?
【ユアン】
今回の戦いが終わって平和になったら、
僕と一緒に、色々な所を旅しようよ!
【アメリア】
えっ? 二人で?
【ユアン】
うん、そうだよ。
イヤ?
【アメリア】
ううん、イヤじゃないけど・・・
【ユアン】
アメリアにも見せてあげたいんだ。
深緑の森が朝日に照らされて、
鮮やかに輝きを増してゆく姿や、
果てしない水平線の彼方に、
静かに沈みゆく夕陽のせつなさ・・・
風に揺れる大草原のじゅうたんや、
長く、長くに渉って切り立つ崖の雄々しさ、
それに、視界一面に咲き乱れる、
すごく色鮮やかなお花畑!
世界にはね、沢山、た~っくさん、
すごい場所が一杯あるんだ。
・・・僕、もう一度あの色々な景色を、
アメリアと見てみたいんだ。
それらを見たときね、
生きてるって、楽しいな・・・って、
本当、心の底からそう思えるんだよ!
【アメリア】
ユアン・・・
・・・・・・
うん・・・分かった。
行こう。行ってみたい!
あたしも、色んな景色を見てみたい!
【ユアン】
やったぁ!
じゃあ、決まりだね。
・・・そうなるとさ、
この戦いの最中も、
何だか楽しみで、わくわくしちゃうよ。
【アメリア】
あはっ。
ユアンの近くにいると、
なんだか元気が出るね。
【ユアン】
僕も、アメリアといると
元気になれるよ。
【アメリア】
旅に行くの、
ホントに楽しみにしてる。
そのためにも、
平和を目指して、頑張ろうね!
【ユアン】
うん、頑張ろっ!
絶対、アメリアと旅に行くんだ!