FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/フォルデ&カイル

フォルデ&カイル C

【カイル】(右)
フォルデ。
【フォルデ】(左)
ん・・・?
ああ、カイルか。元気でやっているか。
【カイル】
お前、こんな所で何をやって・・・
! まさか、絵を描いていたのか?
【フォルデ】
まあな。デッサン、てやつだ。
木炭でこうやって形を描いていくんだ。
【カイル】
戦闘中に何をやってるんだ。
そのような隙を、敵に狙われたら・・・
【フォルデ】
まぁ、そう言うなよ。
こうやって形に残す事で、
戦場の記録にもなるんだぜ。
【カイル】
また都合のいい言い訳を。
お前も騎士なら、
騎士らしい振る舞いをしたらどうだ?
【フォルデ】
分かった、分かった。やめるよ。
ルネス騎士団特攻隊長のカイル様。
【カイル】
・・・まったく。
お前といると余計な気を使い、疲れる。
【フォルデ】
だったら、寄ってくるなよ。
【カイル】
お前の方こそ
俺の周りをチョロチョロするな。
ああ、お前のような奴に一時でも
遅れを取った自分が情けない・・・
【フォルデ】
ん?
何か言ったか?
【カイル】
何でもない!
・・・お前も絵を描く暇があったら、
俺のように剣や槍の素振りでもしたらどうだ。
【フォルデ】
えっ! お前、そんな事してるのか?
【カイル】
ああ。だがそれだけではない。
武器や持ち物の手入れ、馬の健康状態の管理、
隊の士気に乱れはないか、
現在の場所の安全確認は万全か・・・
【フォルデ】
・・・相変わらず几帳面なことで・・・
【カイル】
騎士として当然だ。
【フォルデ】
なぁ、もうちょっと
肩の力を抜いたらどうだ?
【カイル】
なら、お前ももう少し
気合いを入れろ。

フォルデ&カイル B

【フォルデ】(右)
ふあぁぁ・・・
ん~、どうしてこう眠いのかねぇ。
カイル現れる
【カイル】(左)
フォルデ。
またこんな所で怠けているのか。
騎士たるもの、
常に先陣に立って敵に向わなくてどうする?
【フォルデ】
燃えてるねぇ・・・
お前が近くにいると暑苦しいぞ。
【カイル】
まったく、お前には緊張感が足りん。
俺がまだ子供の頃にでも、
もう少し緊張感があった。
【フォルデ】
ああ、覚えてる。
ガキのクセにやたらとキッチリとして。
女の子たちにもモテてたもんな。
そんなお堅いお前に惹かれてさ。
【カイル】
女性たちは関係無い。
【フォルデ】
いやいや、重要だろう?
騎士の家系の継続の為には、
奥さんになる人と、それに後継ぎも必要だぜ。
お前の妹のマイアも、フレリア王国の
いい所の家に嫁いだらしいじゃないか。
一体、誰がお前のお堅い心を
射止めるのか楽しみだねぇ。
案外、今回の戦いでその相手が
見つかったりして。
【カイル】
そんな期待はしていない!
【フォルデ】
はははは、そうか。
でも、今回も結構モテているんじゃないか?
何だかんだ言って、お前は女に優しいからな。
ほら、俺たちがまだ子供の頃にもさ、
女の子が泣いて困っていたの、
お前が率先して声をかけにいったろ?
『出来る事があるなら、何でも力を貸す』
ってさ。
カッコよかったね~。
俺、まだ覚えてるぜ。
【カイル】
あ、あれはだな、困っている者を
見捨てる事が出来なかったのだ。
騎士として、当然の行為だ。
【フォルデ】
まだ騎士じゃなかっただろ?
【カイル】
か、関係無い!
騎士を目指す者としてだな・・・
【フォルデ】
分かった分かった。
お前って、そうやっていつも
けんそんするけど、
ほんと、いい奴だよな。
【カイル】
・・・・・・
【フォルデ】
おっ、照れてる照れてる。
【カイル】
フォルデ!

フォルデ&カイル A

【カイル】(右)
ふぅっ・・・
【フォルデ】(左)
どうした、カイル。
珍しくお疲れじゃないか。
【カイル】
フォルデか。
いや・・・少し考えていたんだ。
このような戦では確かに、
お前のように絵を描くくらいの
心の余裕が必要かも知れんとな・・・
【フォルデ】
そうそう。やっとお前も分かったか。
余裕のある心は
余裕のある戦いを展開させるんだぜ。
【カイル】
だからといって、戦場で絵を描く行為自体が
いいとは言わないがな。
若い連中が真似し始めたらどうする?
士気がいちじるしく乱れるだろう。
だが、
皆それぞれの方法で、
自分の心を落ちつける方法を
持つべきではないかと思うんだ。
・・・そういえば、お前、
絵はいつ頃から書いているんだ?
【フォルデ】
・・・・・・
【カイル】
どうした。忘れたか?
【フォルデ】
・・・・・・
俺がよく絵を描くようになったのは、
母上がお亡くなりになった頃からだ。
【カイル】
!!
【フォルデ】
俺がまだ幼き頃、武道大会最年少の部で
優勝した事があった。
【カイル】
覚えている。
俺がその時、準優勝だったからな。
【フォルデ】
だが母上はその優勝よりも、
俺が何気に描いた、たった一枚の絵の方を
とても喜んでくれたんだ。
剣の腕前が上がる事よりも、その一枚の絵の
方を何度も見ては、心の底から喜んでいた。
あの時は何故なのだろう・・・と思っていたが
最近やっとその気持ちが分かるようになった。
【カイル】
お前のお母上か・・・
美しく、優しい方だったな。
まだお前が小さい頃、
ご病気で亡くなられたのが、誠に残念だった。
【フォルデ】
俺はまだいいほうだ。
フランツの奴は物心つく前だったからな。
顔も知らなかったんだ。
だから幼い頃に描いたあの絵を飾った。
【カイル】
そうだったのか・・・
お前の家に飾られているあのお母上の絵は、
お前が・・・
我々がまだ幼かったあの頃、
お前にも武道に打ち込み、必死に努力する姿が
あったのを俺は覚えている。
その姿に俺は憧れや焦燥感、
色々なものを感じ、
今日まで努力し続けてきた。
大会でお前に負けたときは
本当に悔しかったんだ。
【フォルデ】
・・・そうか・・・・・・
【カイル】
・・・・・・
【フォルデ】
あ~あ、なんだか暗くなっちまったな。
ガラじゃ無いってのに、まったく。
お前相手だと、
ついつい余計な事まで話しちまう。
そら、もう行けよ
【カイル】
ふっ、分かった。
フォルデ・・・
【フォルデ】
なんだ?
【カイル】
この戦、生きて帰れたらおれにも教えてくれ。
絵の描き方ってやつをな。
【フォルデ】
ああ、いいぜ。
だから絶対、生きて帰れよ!
【カイル】
お前もな!