FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/エフラム&ラーチェル

エフラム&ラーチェル C

【ラーチェル】(右)
まあ、エフラム!
あなた、いつまでも
こんなところにいて、いいんですの。
【エフラム】(左)

いきなりなんだ?
【ラーチェル】
指示を送って早く敵を掃討させるなり、
拠点を制圧するなりなさったらどうなのです。
【エフラム】
そんなに慌てるな。
戦には『機』というものがある。
【ラーチェル】
本当にそうですの?
誰かとお話する時間を設けている
だけじゃありませんこと?
【エフラム】
・・・そんな事の為に、
戦を長引かせたりはしない。心配するな。
【ラーチェル】
なら、いいですわ。
もし、あなたや仲間が傷つく事があったら、
わたくしに真っ先に声をおかけなさいな。
さっそうと向かって、
傷を治してさしあげますわよ。
【エフラム】
ああ、頼りにしてるぞ。
癒し手がいるからこそ、
俺たちもこうして安心して戦えるんだからな。
【ラーチェル】
勿論ですわ。
今日もわたくしの
華麗な活躍をお見せしますわ。
しっかりと見ておくのですわよ。
ラーチェル消える
【エフラム】
頼りになるが、
自己主張の強い女だな・・・
ロストンの女性は、
皆あのような性格なのか?

エフラム&ラーチェル B

【ラーチェル】(右)
エフラム、ちょっとお待ちなさいな。
【エフラム】(左)

【ラーチェル】
いろいろな方々から
噂をうかがいましたけれど、
あなたって本当に
無鉄砲なのですのね。
仮にも軍の指揮官が
そんなことでいいんですの?
【エフラム】
それを言われるとつらいな。
だが元々不利な戦いだ。
どこかで無理をしなければ誰かが死ぬ。
俺が多少危険を冒して
仲間が助かるなら、それが一番だ。
【ラーチェル】
・・・困ったものですわね。
どうせ今だって、
その鎧の下は傷だらけなのでしょう。
わたくしが治してさしあげます。
見せてごらんなさいな。
【エフラム】
ああ、すまない。
では頼むか・・・
【ラーチェル】

き・・・きゃああ~!?
い、いきなり
何をしようというんですの?
【エフラム】
いや、肩の傷の具合を
確かめようと・・・
【ラーチェル】
けだもの! ヘンタイ! 悪魔!
ど、どさくさにまぎれて
わたくしを襲おうなんて許しませんわ!
【エフラム】
うわっ!?
ま、待てラーチェル!
傷口が開く・・・

エフラム&ラーチェル A

【ラーチェル】(右)
・・・・・・
【エフラム】(左)
ラーチェル・・・
そんなとこで身構えてないで、
いい加減こっちに来てくれないか?
【ラーチェル】
・・・もうわたくしを襲うつもりは
ないんですのね?
近づいたとたんに、わたくしを
強引に押し倒したりもしませんわね?
【エフラム】
だから・・・あれは誤解だ。
だがすまなかった。
君を驚かせてしまったようだ。
ラーチェル前に出る
【ラーチェル】
・・・まあ、特別に許してあげますわ。
確かにわたくしも不注意でした。
わたくし、男の方の裸を見たのは
初めてでしたから・・・
【エフラム】
裸って・・・肩を見せようと
しただけなんだが。
【ラーチェル】
そ、それだっておおごとですわ!
わたくし、びっくりしてあの晩は
一睡もできなかったんですのよ。
・・・・・・
【エフラム】
・・・?
どうしたんだラーチェル。
いつもと様子が違うようだが。
【ラーチェル】
べ、別に
なんでもありませんわ・・・
そ、そんなにじろじろと
わたくしを見ないでいただけます?
い、いやらしいですわ。
【エフラム】
ああ、すまない。
別にそんなつもりはなかったが・・・
【ラーチェル】
ま、まあ!
わたくしの身体つきに魅力がないとでも
おっしゃるんですの!
【エフラム】
・・・どっちなんだ。
【ラーチェル】
わたくしをこんなに動揺させておいて、
自分は平然としているなんて・・・
ああもう! なんだか悔しいですわ。
憶えてなさいエフラム!
わたくしだって、今に
あなたを動揺させてみせますわ!
ラーチェル消える
【エフラム】
・・・やれやれ。
けど、意外と
可愛らしいところもあるんだな。