FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/ヨシュア&ヒーニアス

ヨシュア&ヒーニアス C

【ヨシュア】(左)
あんたがヒーニアス王子かい?
俺はヨシュアだ。
よろしく頼むぜ。
【ヒーニアス】(右)
ああ、よろしくな。
【ヨシュア】
さて、お近づきのしるしと
言ってはなんだが・・・
どうだい?
こいつで一つ勝負といこうぜ。
【ヒーニアス】
? そのようなコインで
いったい何をしようというのだ。
【ヨシュア】
賭けだよ、賭け。
俺は一緒に戦をする仲間とは、
必ず一勝負するようにしてるんでね。
賭け金は、そうだな・・・
1000くらいでどうだ?
【ヒーニアス】
賭け事など・・・
【ヨシュア】
いやいや。
そう馬鹿にしたもんでもないぜ。
戦場じゃ、ほんのささいなツキが
生死をわけるってのは知ってるだろ?
戦ってのは明日があるかどうか、
わからねえものだからな。
命を預けられる仲間だ。
誰でもツキがある奴と組みたがるのさ。
【ヒーニアス】
私にはツキなど関係ない。
真の実力があれはそれでいい。
だが・・・いいだろう。
そこまで言うのなら、付き合おう。
【ヨシュア】
よし、そう来なくちゃな。
じゃ、いくぜ。
表か、裏か?
どっちだい?
【ヒーニアス】
裏だ。
【ヨシュア】
・・・よ、と。
残念、表だ。
悪いな王子、あんたの負けだな。
【ヒーニアス】
なに?
そんなはずは・・・
【ヨシュア】
いいや、そんなもんさ。
ほら、見てくれよ表だろ?
【ヒーニアス】
確かに・・・
弓で遠方の敵を正確に射る、
この私の目で見たにも関わらず・・・
なるほど、賭けとは見た目よりも、
奥が深いようだな。
【ヨシュア】
おっ、分かったかい?
さすがに理解が早いな。
【ヒーニアス】
ああ。
よし、もう一度だ。
今度こそ私の実力を見せよう。

ヨシュア&ヒーニアス B

【ヒーニアス】(右)
裏だ。
【ヨシュア】(左)
・・・また表だな。
これであんた、
十連敗なわけだが・・・
【ヒーニアス】
構わない。次だ。
倍賭けで裏に・・・
【ヨシュア】
そろそろやめにしといた方が
いいんじゃねえか?
城に帰れば金は
あるかもしれねえが、
こんな行軍の途中じゃ、あまり自分の金は
持ち歩いていないだろう?
【ヒーニアス】
いいや、続けてくれ。
このまま負け続けで
終わるのは気分が悪い。
【ヨシュア】
そうか・・・
だが、ここらで
やめにしとかないか?
俺も十分稼がせてもらったし、
これ以上巻き上げるのもな・・・
【ヒーニアス】
だめだ。
勝ち逃げなど許さん。
早くしろ、
時間に余裕があるわけではない。
【ヨシュア】
普段冷静なやつほど、
賭けには熱くなる・・・
先人の言った事は、
やっぱり正しいようだぜ。

ヨシュア&ヒーニアス A

【ヒーニアス】(右)
待たせたな。
さあ、始めるぞ
【ヨシュア】(左)
おい、まさか
まだやるのか?
【ヒーニアス】
ああ、もちろんだ。
早く投げるがいい。
【ヨシュア】
・・・やれやれ。
もうこの際だから
ばらしちまうけどな、王子。
あんたに勝ち目はねえんだ。
あれはイカサマなんだよ。
【ヒーニアス】
イカサマ・・・
【ヨシュア】
ああ、こうやってコインを投げて・・・
手に収めるだろ?
コインを握ってるのは俺だからな。
ちょっとした手のひらの動きで、
表裏はひっくり返るって寸法さ。
こんなふうにな。
【ヒーニアス】
なるほど、そうだったか・・・
いや、不正な手段をこうじていることには
気がついていた。
運や勘だけであれだけ連勝できるとは
考えにくいからな。
だが、残念ながら、手口は見抜けなかった。
【ヨシュア】
そうか。
気づいただけでも、さすがだぜ。
しかし、ジャハナの酒場に出入りしてた
本物のサマ師は、もっと巧みにやる。
不正だと分からないように、
途中に勝ちと負けを上手くおりまぜてな。
あんたも酒場に
出入りしてみりゃわかるさ。
【ヒーニアス】
なるほど。今まで、そのような機会など
無かったものだからな。
弓術に学問、次代の王として、
学ばねばならぬことは山ほどある。
【ヨシュア】
・・・息がつまる話だな。
だがそれだけじゃ
学べねえこともあるだろ?
俺は駆け出しの頃、こいつで
全財産巻き上げられたことがあってな。
二度と引っかからねえようにって、
結構な数のイカサマを覚えた。
ま、くだらねえことだが・・・こういう
経験を積むってのも悪くないもんだぜ。
【ヒーニアス】
確かに、
それだけは認めねばならんな。
野に身を置かねば、
得られぬものもある。
【ヨシュア】
ま、とにかく種明かしは終わりだ。
イカサマで勝った金は返しとくから、
これで勘弁してくれ。
【ヒーニアス】
待て。
【ヨシュア】
ん?
【ヒーニアス】
不正を見抜けなかったのは、
私の敗北だ。
私に返す必要はない。
【ヨシュア】
へえ・・・
あんた、意外といい男だな。
格好良いぜ。
じゃ、こいつは
授業料としてもらっとくぜ。
【ヒーニアス】
・・・待て。
【ヨシュア】
何だ? まだ何かあるのか?
【ヒーニアス】
まだ賭けは途中だ。
続きをするぞ。
【ヨシュア】
・・・っておい、まだやる気なのか?
【ヒーニアス】
当然だ。
これでもう君はイカサマもできまい。
ここからは、
私が勝ち続ける番だ。
【ヨシュア】
・・・やれやれ。
けど気に入ったぜ。
あんた大物になれるかもな。
じゃ、続きいくぜ?
【ヒーニアス】
・・・裏だ。