FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/アスレイ&クーガー

アスレイ&クーガー C

【アスレイ】(右)
これが飛竜という生き物ですか・・・
【クーガー】(左)
なんなんだ、お前・・・
あんまり近づくと、危ないぞ。
普段は大人しくしてるが、
俺と同じで、こいつも気が荒いんだ。
アスレイ後ろに下がる
【アスレイ】
す、すみません!
あ、私、アスレイと申します。
【クーガー】
俺はクーガーだ。
よろしく頼む。
【アスレイ】
はい、クーガーさん。
こちらこそ、よろしくお願いします。
【クーガー】
・・・お前、飛竜に興味があるのか?
【アスレイ】
興味があるというより、
憧れの気持ちとでも申しましょうか。
大空を自由にかける姿・・・
それに、力強い四肢。
これまで遠くのほうから
飛竜をながめることはあったのですが、
こんなに間近で見るのは初めてで・・・
あの、もし良かったら、
触れさせて頂いてもよろしいでしょうか?
【クーガー】
ああ、いいぜ。
だけど、飛竜というのは誇り高く、
自分より劣った人間には心を許さない。
この飛竜の背に乗れるようになるまで、
俺は3年もかかった。
こいつ、最初は俺の事が大嫌いで、
牙や爪で何度も威嚇しやがった。
背中に乗ろうとするたびに、
数え切れないほど振り落とされたよ。
【アスレイ】
そ、そうなんですか。
では、私はあまり近寄らない方が・・・?
【クーガー】
いや、どうやらお前の事は
嫌いじゃないみたいだ。
【アスレイ】
どうしてわかるんですか?
【クーガー】
面白半分に近づいてくる奴や
無理に手なずけようとする奴は、
こいつ、許せないみたいだが、
お前はそのどちらでもないらしい。
・・・お前、こいつと友達になるまで、
俺ほどはかからないかもしれないな。
【アスレイ】
では、ぜひ友達になりましょう。
よろしくお願いします、
クーガーさんの飛竜さん。
【クーガー】
こいつの名前は、ゲネルーガだ。
また近くにいたら、声かけてやってくれ。
【アスレイ】
はい、ありがとうございます!

アスレイ&クーガー B

【アスレイ】(左)
クーガーさん!
【クーガー】(右)
アスレイじゃないか。
何を慌ててるんだ?
【アスレイ】
ゲネルーガさんと親しくなるために、
いろいろ考えまして・・・
それで、贈り物を用意したんです。
これを早くお渡ししたくて・・・
【クーガー】
ゲネルーガに贈り物だって?
【アスレイ】
はい、銀星石のお守りです。
この石を持つ者は
神の加護が与えられると言われ、
ルネスではお守りにする習わしがあるんです。
【クーガー】
ほぉ・・・
しかし、それはお前のお守りじゃないのか?
【アスレイ】
私は朝晩、神に祈りを捧げていますので、
ご心配には及びません、クーガーさん。
【クーガー】
なら、ありがたく頂くとするか、ゲネルーガ。
じゃあ、アスレイ。
こいつの鞍に付いてる薬袋に
お前が入れてやってくれ。
【アスレイ】
少し怖いですが、やってみます。
アスレイ前に出る
【アスレイ】
・・・鞍の袋・・・これですね・・・
・・・はい、できました・・・
・・・・・・
あっ、クーガーさん!
ゲネルーガさんが私の手をなめてくれました!
【クーガー】
へぇ、すごいじゃないか・・・
やるな、アスレイ。
こいつが俺以外の人間の手をなめるなんて、
これまでにたった一度も見たことないぞ。
【アスレイ】
そうなんですか?
【クーガー】
ゲネルーガが俺の手をなめるまで、
2年もかかったんだが、
お前はこいつとたった2回会っただけで
ここまでやり遂げた。
【アスレイ】
私、とてもうれしいです、クーガーさん。
銀星石も気に入っていただけて良かった・・・
【クーガー】
銀星石のお守りよりも、
こいつはアスレイを気に入ったみたいだぞ。
【アスレイ】
クーガーさん、本当ですか?
また、話しかけてもいいですか?
【クーガー】
ああ、もちろんだとも。
こいつも俺も楽しみにしてるぜ。

アスレイ&クーガー A

【クーガー】(右)
今度会ったら謝ろうと思ってたんだ。
すまない、アスレイ。
【アスレイ】(左)
クーガーさん、どうされたんですか?
何かありましたか?
【クーガー】
せっかくお前がゲネルーガにくれた
銀星石のお守り・・・
弓兵に狙われた時に、割れてしまったんだ。
しかし、銀星石が矢を食い止めたお陰で
ゲネルーガは命拾いして、俺も助かった。
あのお守りがなかったら、
俺もゲネルーガも今頃ここにはいなかった。
【アスレイ】
そうでしたか。
お守りがお役に立てて良かったです。
クーガーさんとゲネルーガさんを
守ってくれた銀星石に感謝しないと・・・
【クーガー】
ああ。ありがとう、アスレイ。
それでな・・・代わりにといってはなんだが、
これを・・・
【アスレイ】

アスレイ前に出る
【アスレイ】
・・・こ、これは・・・
これは、幻の竜曜石ではありませんか!?
【クーガー】
竜曜石・・・
貴重な石なのか?
【アスレイ】
はい! とても貴重です!
一体、これをどこで・・・
【クーガー】
こいつが、ゲネルーガが持っていたんだ。
だが、俺にはこれがどんなものなか
よく分からなくてな。
そこで、ピンときた。
アスレイなら、
この石の価値が分かるんじゃないかとな。
そうしたら予想通りだったみたいだな。
お前にはその石の価値が分かるんだろ?
その石、アスレイにやるよ。
【アスレイ】
ほ、本当ですか!?
【クーガー】
ああ。
かまわないよな、ゲネルーガ?
【アスレイ】
あ、ありがとうございます・・・
・・・本当に・・・
クーガーさん、
ゲネルーガさん・・・
竜曜石は、魔法を扱う者にとって
幻とされる石・・・
この石を持っていると、魔法を使用する際に
集中力が高まるといわれていますが、
採掘、もしくは精製方法は不明であり、
世界にも数えるほどしかないと聞きます。
それだけに、私にとって
竜曜石を持つ事は夢でした。
【クーガー】
夢、か・・・
【アスレイ】
はい、クーガーさん。
・・・ゲネルーガさん、
私の夢を叶えてくださって、
本当にありがとうございます。
【クーガー】
そうか。
夢が叶って良かったな、アスレイ。
【アスレイ】
はい。本当に夢のようです。
私、この竜曜石を一生の宝にいたします。

・・・ところで、クーガーさん。
クーガーさんは夢がおありですか?
【クーガー】
・・・俺の夢か・・・
・・・今の俺の夢は、
グラド帝国が巻き起こしたこの混乱に
きっちり始末をつけることだ。
そして、陛下も民も心優しく穏やかだった
豊かなグラドを、再び取り戻すことだ。
【アスレイ】
あなたの夢は必ず叶いますよ、クーガーさん。
私達は今、一丸となって、
その夢を現実にしようと戦ってるんですから。
・・・クーガーさんとゲネルーガさんは、
私の夢を叶えてくださった方たちです。
だからというわけではありませんが、
私も微力ながら、クーガーさんの夢を
共に叶えたいと思っています。
【クーガー】
最初から分かっていたが、
お前はいい奴だな。
・・・よし、アスレイ。
俺の夢が叶って、平和な世の中になったら、
俺の故郷へ必ず遊びに来い。
その時には、ゲネルーガの背に乗って
どこかへ旅に行こうぜ。
【アスレイ】
必ず伺います、クーガーさんの故郷へ・・・
穏やかで豊かなグラドへ・・・