FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

支援会話集/プリシラ&レイヴァン

プリシラ&レイヴァン C

【プリシラ】(左)
兄さま。
【レイヴァン】(右)
プリシラか・・・
【プリシラ】
はい。
あの、おそばに行っても
よろしいですか?
【レイヴァン】
・・・ああ。
プリシラ前に出る
【プリシラ】
失礼致します。
・・・・・・
【レイヴァン】
どうかしたか?
【プリシラ】
私・・・うれしいのです。
こうして、兄さまの
隣にいられるなんて。
私ずっと、こんな日が来るのを
夢見ていました・・・
【レイヴァン】
・・・・・・
【プリシラ】
あの・・・兄様。
・・・この指輪のこと、
覚えておられますか?
【レイヴァン】
それは・・・?
【プリシラ】
お忘れですか・・・
少し、残念です。

私がまだ幼いとき・・・
兄さまと一緒に
コンウォルにいた頃・・・
兄さまは、私に
約束してくださったのですよ。
大きくなったら、
私をお嫁にもらってくださると。
【レイヴァン】
プリシラ・・・?
だが、あれは・・・
【プリシラ】
はい。
子供の頃のことです。
泣き止まない私に、仕方なく
兄さまはそう言って・・・
この指輪をくださいましたね。
【レイヴァン】
お前・・・ずっと・・・
【プリシラ】
プリシラは子供です。
だからもう一度だけ、兄さまに
わがままを言わせてください。
どうか、おそばに
いさせてください。
もう、私に寂しい思いを
させないでください・・・
【レイヴァン】
・・・・・・

プリシラ&レイヴァン B

【レイヴァン】(右)
プリシラ。
【プリシラ】(左)
はい、兄さま。
【レイヴァン】
お前はやはり・・・
エトルリアに戻れ。
これ以上ここに
留まらぬ方がいい。
【プリシラ】
え・・・?
な、なぜです・・・?
【レイヴァン】
・・・・・・
【プリシラ】
そんなこと・・・いやです!
せっかく兄さまと
お会いできたのに・・・
【レイヴァン】
俺には・・・
やるべき事がある。
お前を巻き込む
わけにはいかない
【プリシラ】

兄さま、まさか・・・
何か、危険なことを
なさるおつもりですか?
【レイヴァン】
・・・・・・
お前は知らなくていい。
【プリシラ】
やはり・・・そうなのですね?
でしたら・・・なおさらです!
兄さまが危ない目に合われるのなら、
私も共に・・・
【レイヴァン】
聞き分けがないぞ、プリシラ。
お前はエトルリアに養子に出された。
もうコンウォル家の者ではない。
俺を兄だと思うのも・・・
もうやめろ。
レイヴァン消える
【プリシラ】
兄さま・・・!

そんな・・・兄さま・・・

プリシラ&レイヴァン A

【プリシラ】(右)
兄さま・・・
【レイヴァン】(左)
プリシラ・・・
言ったはずだぞ。
俺はもうお前の兄ではない。
おとなしくエトルリアに・・・
【プリシラ】
いやです。
何と言われても・・・
私は帰りません。
【レイヴァン】
プリシラ!
【プリシラ】
兄さまがいない所なんて・・・
いやです。
私は兄さまが好きです。
兄さまと一緒にいたいのです。
私は・・・プリシラは、
兄さまのおそばを離れません。
【レイヴァン】
・・・・・・
【プリシラ】
・・・・・・
【レイヴァン】
・・・そうか。
・・・お前は、
昔からそうだったな。
ふだんはおとなしいくせに、
一度思いつめると強情で、
人に何と言われても、
絶対に意見を曲げようとしなかった。
【プリシラ】
はい・・・
いつも兄さまを
困らせてしまいました。
【レイヴァン】
プリシラ・・・
【プリシラ】
兄さま・・・
何と言われても、私は帰りません。
兄さまがここにおられる限り、
私は・・・
【レイヴァン】
・・・わかった。
お前の勝ちだ、プリシラ。
【プリシラ】
え・・・?
【レイヴァン】
・・・コンウォル家を
滅亡させたオスティア家に、
俺は
復讐するつもりだった。
レイモンドの名を捨て
レイヴァンを名乗ってから、
俺はそのことだけを
考えて生きてきた。

だが、
それはもうやめだ。
大事な妹を・・・
放ってはおけないからな。
【プリシラ】

兄さま・・・
【レイヴァン】
話はそれだけだ。
もう行くぞ、プリシラ。

俺の傍を離れないのだろう?
【プリシラ】
はい・・・
あ、兄さま・・・
【レイヴァン】
何だ?
【プリシラ】
だいすきです・・・兄さま。
【レイヴァン】
・・・・・・