FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第2部 終章2 竜の祭壇

ワールドマップ

高くそびえ立つ岩山に、
石の橋がかけられている。

そして、はるか天空にまで
とどくかと思われるような
石の階段が、ラセン状に
つけられている。

荒れた岩肌は
不気味なうなりをあげて、
まるで生きているかのように
ときおり大きく息をする。

竜の祭壇・・・。
古代竜族のいせき。
神竜王ナーガが、地竜族を
封印した場所である。

そして今、600年の時を経て
地竜がめざめつつあるという。
邪悪な悪魔が、無数に
生まれつつあるというのだ・・。

出撃前

【マルス】
なんだ この異様な空気は
何か 邪悪な魂が
ひしめいているようだ
【ジェイガン】
たしかに・・・
わたしも 体が
こおりつくようです
これも地竜族の
おんねんでしょうか
いずれにしても 王子
ここから先は みんなでは
行けないようです
何があるか わかりませんから
とくにすぐれた者だけを
選んで下さい
【マルス】
でも 4人のシスターを
心配している者達は
連れて行ってあげたい
【ジェイガン】
うむ・・やむをえませんな
はたして何名が生き残れるか
苦しい戦いに なるでしょう

オープニング1

【ガトー】
マルス王子
この祭壇にはきょうぼうな蛮族
(闇の部族)と
理性を失った魔竜族が
多数ひそんでいるはずだ
彼らは ガーネフの魔力に
あやつられ そなた達を
おそってくるだろう
ガーネフのしもべたる
闇の司祭も あなどれぬ力を
持っておる
戦いが長びけば
それだけ 苦しくなるだろう
立ち止まってはならぬ
一気に かけぬけるのじゃ!
そしてガーネフを倒し
奴がアリティアから奪い去った
神剣ファルシオンを
とり戻さねばならぬ
ファルシオンがなければ
メディウスを倒すのは
まず無理であろう・・・

クリア後1

【ジェイガン】
王子 かべがくずれます!
上の壁が崩れる

オープニング2

【ガーネフ】
来たか こぞう
またしてもわしのジャマをするか
今度ばかりは許さぬぞ!!
【マルス】
ガーネフ 姉上達をかえせ!!
みんなを どこにやったのだ!
【ガーネフ】
ふぉふぉふぉ・・・
あのシスターどもは
暗黒竜復活の いけにえとした
もう もとには戻らぬよ
地竜王メディウスが まもなく
真の姿に 生まれかわる
そのためのいけにえとして
シスターが必要だった
だが あやつらは
その苦しみにたえられず
魂はくだけた もはや
わしとて どうにもならぬ
しかし おかげで
暗黒竜はめざめた 奴には
封印の盾の力もおよばぬ
残念だが
もはやこれまでだな
だがマルスよ・・・
お前はここで 死ね!!!

ガーネフ初戦時

【ガーネフ】
ふぉふぉふぉ・・・
わが暗黒魔法 マフーの
威力を思い知れ・・・

ガーネフ撃破時

【ガーネフ】
ふふ・・・
もはやおそい・・・
世界は終わりだ・・・
ぐふっ

クリア後2

【ジェイガン】
王子 さらに上への階段が
あります!!
玉座の上に階段が現れる

オープニング3

【マルス】
!・・・・あそこにいるのは
姉上達じゃないか!?
そして 姉上達が
守っているのは・・・
ばかな・・・
あれが・・・あれが・・・
メディウスだと言うのか・・・
【ジェイガン】
しかし あれでは 姫様方に
じゃまされて 王子の剣が
とどきません
はやく なんとかせねば
地竜がめざめて どんどん
苦しくなってゆきますぞ
【マルス】
じゃあ どうすればいい・・・
どうすれば 姉上達を
救うことが できるのだ
教えてくれ ジェイガン
【ジェイガン】
それは・・・
わたしにも わかりません
ただ
メディウスを倒すためには
やむをえぬこともあるかと・・
【マルス】
!・・・・
どういうことだ まさか
姉上達を殺せとでも!?
【ジェイガン】
それも 方法の一つだと
もうしあげているのです
これ以上の苦しみは
姫様方にも たえられぬこと
お命を 奪ってでも
お救いせねばなりません
【マルス】
ジェイガンは ぼくに
その決断をせよ と
言うのか
【ジェイガン】
人の上に立つ者は
つらい決断をせねばならぬ
時も ある
そう もうしあげているのです
【マルス】
ジェイガンわかった もういい
ぼくは あきらめないよ
何か 方法があるはずだ
ぼくは 最後まで
あきらめないぞ!!

ジュリアン→レナ

【ジュリアン】
レナさん 気づいてくれよ
オレだよ ジュリアンだよ
いったい どうしちまったんだよ
オレ なんにもとりえのない
男だけどさ
あんたのためなら なんだって
できる
べつに 何も望まないけど
レナさんのえがおを
見ていたいんだ
なあ わらってくれよ
たのむよ レナさん・・・
【レナ】
あ・・ジュリアン・・・
やっぱり 来てくれたのね
きっと あなたが来てくれるって
信じてた
だから どんなに恐ろしくても
がまんできた・・・
ジュリアン ごめんね
わたし
あなたにあまえてばかり
【ジュリアン】
いや・・・
オレ レナさんにそんなふうに
言ってもらえるだけで
じゅうぶんさ
【レナ】
ジュリアン 一つだけ
お願い きいてくれる
【ジュリアン】
うん?
ああ なんだって言ってみなよ
おれに できることなら・・・
【レナ】
これからは わたしのこと
レナって呼んで
だって いつまでも
他人みたいでおかしいわ
わたし達 マケドニアに
帰ったら一緒にくらすんだもの
【ジュリアン】
えっ?・・・・レナさん・・
あっ・・いや・・レ・・ナ・・
まさか それって・・・
【レナ】
うん・・・神様は
きっと許してくださる
だってわたし あなたのことが
こんなに・・・・
好きなんだもの

ミネルバ→マリア

【ミネルバ】
マリア! 目をさましなさい
わたしです ミネルバです
どうしたの! しっかりしなさい
【マリア】
うーん・・・
あ・・・ミネルバ姉様・・・
あっ きゃーーー
メディウスが・・・
【ミネルバ】
もう だいじょうぶよ
安心して
ごめんね マリア
あなたを こんなめにあわせて
【マリア】
姉様・・
こわかった・・こわかったよ
あっ!
ミシェイル兄様はどうされたの
わたしを 助けようとして
ガーネフと 戦ってくれた
【ミネルバ】
ミシェイルは・・・
だいじょうぶよ マリア
心配しないで
【マリア】
わっ ホント?
じゃあ 国に帰ったら
また 昔のように
みんなで暮らせるのね
よかったね 姉様
あぁ はやくミシェイル兄様に
会いたいな
【ミネルバ】
マリア・・・・・・

シリウス→ニーナ

【シリウス】
さあ ニーナ王妃!
目をさますのだ!!
しっかりされよ・・・!
【ニーナ】
ああ・・・
わたしは罪をおかしました
わたしが おろかゆえ・・・
ハーディンを 苦しめて
あそこまで・・・
おいつめてしまった
ああ・・・わたしは・・・
いったいどうすれば・・
【シリウス】
王妃よ・・・
ハーディン公の苦しみは
マルス王子が 解放された
王は 最後まであなたを愛し
自らの罪をわびられていた
もう よいのです
もうそれ以上
苦しむことはない
あなたは 悪いゆめを
見ていたのです・・・・
【ニーナ】
・・・・・・
あなたは・・・・・?
【シリウス】
ニーナ姫!
負けてはいけない
あなたは それほど弱い人では
ないはずだ!
【ニーナ】
あ・・・・!
あなたは・・・・
カミユ・・・・!?
カミユなのね!!
なぜ・・・なぜあなたが・・・
わたしはゆめを見ているの?
あなたが生きていたなんて
ああ・・・本当に・・・
【シリウス】
!・・・・・
王妃よ・・・あなたは何か
思いちがいをしている
わたしは 同盟軍の一兵士
シリウスと言う者
カミユなど知らぬ・・・
【ニーナ】
シリウス・・・!?
・・・そんな・・・
いいえ! ちがいます!!
あなたは・・・
【シリウス】
おちついて下さい
あなたは つかれているのです
わたしは もうすぐここを
去らねば ならない
さあ ニーナ王妃・・あなたは
マルス王子のもとへ・・・
【ニーナ】
あなたは・・・
あなたはどこへ行くのですか
【シリウス】
わたしは国へ帰らねばならぬ
わたしには・・・
待っている者がいる・・・
【ニーナ】
そう・・・ですか・・・
わかりました・・・
シリウス・・・ありがとう
かんしゃします
【シリウス】
・・・・・すまぬ・・・
【ニーナ】
えっ・・・!?
【シリウス】
いや・・何でもないのだ・・・
さあ王妃よ もう行かれよ!

マリク→エリス

【マリク】
エリス様!
ぼくです マリクです
どうか 目をさましてください
あなたを お守りしたくて
いっしょうけんめい 魔道を
学んできたのに・・・・
ぼくは また・・・・
あなたを 守れなかった
あなたのそばに
いてあげられなかった
エリス様・・・お願いです
どうか・・どうか
目をひらいてください
【エリス】
マリク・・・・?
・・・! ああー マリク!
助けて・・ガーネフが・・・
こわい・・お願い 助けて!
【マリク】
エリス様!
よかった 気がついたのですね
もう だいじょうぶです
ぼくは ここにいますから
あ・・でも マルス様が・・・
みんなも 見てるから
そんなに・・・ こまったな
エリス様 もうぼくは
二度とおそばを 離れません
たとえどのようなことが
あろうとも・・・いいですね

レナ初戦時

【レナ】
メディウスサマニ・・・
サカラウモノ・・・
コロス・・・

レナ撃破時

【レナ】
ああ ジュリアン・・・

マリア初戦時

【マリア】
メディウスサマニ・・・
サカラウモノ・・・
コロス・・・

マリア撃破時

【マリア】
ああ ミネルバ姉様・・

ニーナ初戦時

【ニーナ】
メディウスサマニ・・・
サカラウモノ・・・
コロス・・・

ニーナ撃破時

【ニーナ】
ああ カミユ・・・

エリス初戦時

【エリス】
メディウスサマニ・・・
サカラウモノ・・・
コロス・・・

エリス撃破時

【エリス】
ああ マリク・・

メディウス初戦時

【メディウス】
ワガ・・フッカツハ・・ナッタ
オロカナ ニンゲンドモ・・
ヒトリノコラズ・・・
コロス・・・

メディウス撃破時

敵のままのシスターがいない場合
【メディウス】
グワッ・・・・!
ナゼダ・・・・・
ナゼ・・ワレラガ・・・
コウモ・・カンタンニ・・
コレガ・・ ナーガノ・・
・・フウインノ タテノ
チカラダト・・イウノカ・・・
ダガ・・ニンゲンヨ
オボエテオケ・・・
オマエタチニ ソノイヤシイ
ココロガ アルカギリ・・・
タテハ フタタビ ウシナワレ
ワレラハ チノソコカラ
ヨミガエッテ クルダロウ・・・
ソノコト・・・・
ワ・ス・レ・ル・ナ・・・
敵のままのシスターがいる場合
【メディウス】
グフフ・・・
マダ オワッタワケデハナイ
オマエノ ソノアマサガ・・
ミヲ ホロボスノダ・・・
ワガ イケニエトナリシ
オンナドモ・・
ワガチトナリ ニクトナレ・・・
ワレニ チカラヲ アタエヨ!
メディウスが残っているシスターを攻撃し、HPを回復

クリア後3

【ガトー】
マルスよ
勇かんなるアリティアの王子よ
そなたのはたらきによって
暗黒地竜メディウスは
完全に滅びた
メディウスのしもべたる
地竜族もまた
闇の中へと消えた
封印の盾があるかぎり
もう二度と 彼らが
めざめることはないであろう
マルスよ
勇者アンリの子孫にして
選ばれし光の王子よ
そなたは 人類を救い
そしてまた 我ら竜族をも
救ってくれたのだ・・・
シーダ、チキ死亡時
【ガトー】
しかし そなた自身にとって
この勝利は つらいものに
なった
愛する者を失い これからは
一人で生きて行かねばならぬ
マルスよ すまぬ・・・
そなたは この世界の未来と
ひきかえに もっとも大事な
ものを 失ってしまったのだ・・
チキ生存時
【チキ】
おにいちゃん!!
わたし もう氷の神殿へ
かえらなくてもいいんでしょ
うれしい!
だって わたし
みんな 大好きだもの
あんなさみしいところで
一人ぼっちなんて
もうぜったいイヤだもの
ほんとに・・ ゆめみたい
うれしくって うれしくって
マルスのおにいちゃん
大好き!!
シーダ死亡時
【ガトー】
これチキ・・・
あまり はしゃいではならぬ
戦いに倒れた者も 多いのだ
マルスよ そなた自身にとって
この勝利は つらいものに
なった
愛する者を失い これからは
一人で生きて行かねばならぬ
マルスよ すまぬ・・・
そなたは この世界の未来と
ひきかえに もっとも大事な
ものを 失ってしまったのだ・・
シーダ、マリーシア生存時
【マリーシア】
もおー チキったら
いつまで マルス様に
くっついてるのよ!
でも マルス様もマルス様ね
あんなにうれしそうにして
ね シーダ様
許せないよね
【シーダ】
もう マリーシアったら
バカ言って
でもマルス様
ほんとにうれしそう・・・
【マリーシア】
うん やっと かたのにが
おりたんだものね
だってマルス様 ずっと
おもいせきにんを
背おわされて 苦しそうだった
でも つらかったのは
シーダ様も同じね
マルス様のまわりは
いつも人がいっぱいで
めったに話もできなかったし
さびしかったでしょ
【シーダ】
うん・・・
でも いいの
マルス様が無事でいてくれたら
他には何も望まない
わたしね 神様にお願いしたの
マルス様には大切な使命が
あるから
もし命をめされるなら
わたしをかわりにって・・・
わたしには それぐらいしか
お役に立てないもの
【マリーシア】
・・・・・
あーあ
やっぱりシーダ様には
かなわないな
でも もうがまんしなくて
いいのよ
マルス様は あなたのもとに
かえってきたのだから
ほら シーダ様
マルス様が こちらを見てる
さあ 勇気をだして!
シーダ生存時
【シーダ】
マルス様・・・
【マルス】
シーダ やっと終わったよ
きみにも 辛い思いを
させてしまった
すまないと思ってる
【シーダ】
いいえ わたしこそ
何の役にも立てなくて・・
ごめんなさい
【マルス】
ばかだな
ぼくはシーダがいてくれたから
ここまでやれたんだよ
それにこれからは もっと
たいへんになる
アカネイア大陸の七つの王国は
一つになろうとしている
そして みんなは
ぼくに全てを託すというんだ
でも そんなたいへんなことが
ぼく一人で できるはずがない
シーダ ぼくを助けてほしい
ぼくには きみが必要なんだよ
【シーダ】
わたしね・・タリス島を出る時に
ちかったの
どこまでも マルス様に
ついて行く 何があっても
信じつづけるって
だから どんなにつらくとも
がまんできた
だって わたし・・・・・
マルス様が・・・・・