FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第2部 20章 暗黒皇帝

ワールドマップ

大陸における最大の王国
セント・アカネイア。
600年の歴史を誇る、
黄金の都パレス。

それが アリティア同盟軍の
攻撃の前に、わずか一日で
滅び去ったのである。

アカネイアの市民は
彼らを解放者として迎え、
協力をおしまなかった。

そして、口々に城内にいる
ハーディンと彼の親衛隊への
うらみを告げた。

人々は、ハーディンを
暗黒皇帝と呼ぶ。

それには、多くの者を殺した
ハーディンへのにくしみが
込められていた。

できることなら戦いたくはない
だが、今となっては・・・

マルスは、アンリの旗を高く
かかげ、最後の命令を下す。

行け、アリティアの勇者達!
戦いは これで終わる。
全軍、パレス城に突入せよ!!

出撃前

【ジェイガン】
王子 城内に突入します!
ただし ハーディンが
闇のオーブに
守られていることを
お忘れになりませぬように
ヤツと戦う場合は
光のオーブが
絶対に必要なのです!!
必ず ヤツと戦う者に
持たせて下さい

オープニング

盗賊が門の前に移動して、門を開ける
【ハーディン】
ミディアよ
お前までが うらぎるとは
アカネイアの聖騎士も
地におちたものよ
【ミディア】
何を ばかな!!
貴様はどうかしている
正気ではないのだ
ニーナ様をどこへやった
王妃をかえせ!!
【ハーディン】
ニーナだと!
あの女は
おれをうらぎったのだ
おれはグルニアさえつぶせば
それでよかった
それを あのこぞうが
エムブレムなどを
手にしたがゆえに・・・
逆らう者はすべて殺す
ミディア おまえもだ!!
【ミディア】
わたしの命などいつでも
くれてやる
だが ハーディン・・・
貴様のつまらぬしっとで
いったいどれだけの者が
苦しんだと思うのだ
いいかげんに目をさませ!
【ハーディン】
つまらぬしっとだと・・・
ふふ・・・
何とでも言うがよい
この世界は くさっている
つまらぬ人間ばかりだ
こんな世界になんのかちがある
いっそ滅んだ方が
よいのかも知れぬぞ
まあミディア
そこでゆっくり見てろ
あのこぞう・・・
マルス王子の死に様をな!!

マルスがハーディンに近づいた時

【ハーディン】
マルスか・・・
臣下のぶんざいでありながら
パレスを侵すとは
見下げはてた奴
アリティアの光の王子も
地におちたものだな
【マルス】
ハーディン!
あなたは 闇のオーブに
支配され 正しい心を
失っているのだ!!
どうか 正気を
とり戻して下さい!
【ハーディン】
ふふふ・・・
あいかわらずあまいな
マルス
俺が アリティアを攻めたのは
貴様がにくかったからだ
前の戦いではアンリの子孫で
あると言うだけでニーナから
エムブレムを託され
盟主にまつりあげられた
光の王子だと・・・ばかめ!
貴様など
俺の協力がなければ
とっくの昔に死んでいた
つけあがるなよ マルス!!
俺はそのころから貴様が
にくかった
ニーナのために
がまんしていたが
貴様とは いずれ決着を
つけねばならぬと思っていた
このオーブなどかんけいないわ!
【マルス】
ハーディン・・・本当なのか・・
そんなふうにぼくを・・・
知らなかった・・
【ハーディン】
ふっ・・・
だから こぞうだと言うのだ
マルスよ! 俺のそばへこい
このグラディウスの槍で
そのむねをつらぬいてやる!!
この小さな大陸に
英雄は 俺一人でたくさんだ!

ハーディン初戦時

【ハーディン】
反乱兵ども・・・
わざわざ死にに 来たか!
グラディウスの恐ろしさ
思い知らせてくれる!!

ハーディン撃破時

【ハーディン】
マルス・・・王子・・・
ようやくわたしは・・・
長いゆめから・・・
めざめたようだ・・・
王子・・許せ・・・
わたしは 自分の中にある
恐ろしい悪魔と戦っていた
だが わたしは弱すぎた・・
必死に逆らったが・・・・・
勝てなかった・・・・・
だから 王子の手で
殺してほしかった・・・
これでやっと救われたのだ・・
王子・・・・・
どうか・・・ニーナを・・・
ニーナをたのむ・・・
彼女に・・・
・・伝えて・・ほしい・・・
わたしは・・あなたを・・
最後まで・・愛していた・・・
どうか・・・
許して・・ほしいと・・・
オーブが5つある場合
エムブレムに5つのオーブが収まる
ふういんのたてはかんせいした!

クリア後

封印の盾が完成している場合
シスター4人が現れ、玉座の下に移動
【ジェイガン】
マルス様 やっと終わりました
これで 世界も救われます
ごらんください
姫様方も あちらに・・・
【マルス】
姉上! それにニーナ様・・
レナも マリアも
みんな 無事だったのですね
【ニーナ】
マルス よく来てくれました
うれしく・・・
画面がフラッシュ
【ニーナ?】
グワ!!
【ガーネフ】
おのれ 貴様が持つのは
封印の盾・・・・・
くっ・・・ わが
まやかしの術は破れたか!

ひきあげろ 闇の司祭ども
こうなれば ヤツの・・・
暗黒竜の復活を急ぐのじゃ!
画面がフラッシュして、シスターがダークマージに戻る
ダークマージがワープして消える
【ジェイガン】
なんと あれはガーネフでは
ありませぬか
ヤツの手下どもが 姫様方に
なりすましていたのですな
【マルス】
うん どういうつもりなんだろう
暗黒竜の復活とか言っていた
ようだが・・・
やはり姉上達はガーネフに・・
【ジェイガン】
王子 お話の途中ですが
ガトー様が まいられました
【マルス】
えっ ガトー様が!?
すぐに お通ししてくれ!!
【ガトー】
マルスよ よくやったな
五つのオーブを 全て
手に入れたのだな
そなたの力によって
失われし 封印の盾 は
ようやく完成された
【マルス】
はい!
王家の盾に 五つのオーブが
すい込まれるように・・・
これが 封印の盾なのですね
ですが ガトー様
ぼくはこれから
どうすればよいのでしょう
さきほどのガーネフの
ようすでは やはり姉上達は
奴にとらえられてるようです
ぼくは 姉上達のことが
気がかりでなりません
【ガトー】
うむ・・・
そなたの気持ちはわかる・・・
だが 何よりもまず
地竜を封印せねばならぬ
奴らは まもなく
永いねむりから めざめる
地のそこからはいあがって
人々を 焼きつくし
この世界を 地獄に変えて
しまうであろう
行くのじゃマルス
めざめし地竜を
再び闇に ほうむるのだ!!
ガトーがワープで消える
封印の盾が完成していない場合
シスター4人が現れ、玉座の下に移動
【ジェイガン】
マルス様 やっと終わりました
これで 世界も救われます
ごらんください
姫様方も あちらに・・・
【マルス】
姉上! それにニーナ様・・
レナも マリアも
みんな 無事だったのですね
【ニーナ】
マルス よく来てくれました
うれしく思います・・・
アカネイアの再建にも
力を かしてください
【エリス】
がんばりましたねマルス
わたしは あなたのことを
誇りに思います
【レナ】
マルス様 ガーネフは
わたし達の力で
滅ぼしました
どうか ご安心下さい
【マリア】
世界は 救われたのです
王子様は はやくアリティアに
お帰りください
【マルス】
そうか みんな無事でよかった
でも 少しかおいろが
悪いようだけど・・・
【ニーナ】
みんなでガーネフと戦って
つかれてしまったのです
でも もうだいじょうぶ
心配いりません
【マルス】
そうですか・・
ニーナ様 ハーディンのことは
もうしわけありません
助けられなくて
【ニーナ】
いいのです
彼は 野心に取りつかれ
自分を 失ってしまった
滅びるのは 当然です
さあマルス あなたは
国に お帰りなさい
皆も心配して待っていますよ
そして 残された時間を
せいいっぱい 生きるのです
あなたの名は この世界に
人があるかぎり 決して
滅びることは ないのだから
シスター4人が消える