FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第2部 19章 最後の決戦

ワールドマップ

帝国歴3年、2の月・・
アカネイアの聖都パレスは、
不思議なほどしずかな時間の
中にあった。

アカネイアは内乱によって
聖騎士ミディアをはじめとする
多くの有能な騎士が
とらえられた。

だが、それでもアリティアに
倍する戦力をもって、
パレスの街を埋めつくして
いたのである。

グルニアへの遠征から、
すでに一年近くの時が流れ

そして ついに両国の運命を
かけた、最後の戦いが
始まろうとしていたのである。

オープニング

【マルス】
さすがは アカネイア
なんという兵力だ
これではうかつに近づけない
【ジェイガン】
ハーディンはこの戦いに
すべてをかけたのでしょう
アカネイアの全軍を
集結しているようです
ですが 心ある騎士達は
クーデターに加わって
ほとんど処刑され
あとは金で集められた
質のよくない兵士ばかり
それほど 恐れることは
ありません
それに 今や人々の心は
ハーディン皇帝をはなれ
我らを解放軍として
迎えいれています
それが 何よりも
心強いことでしょう
とにかく 最後の戦いです
少し長びくかも知れませんが
しんちょうに お進め下さい
【マルス】
わかっている
さあ行こう ジェイガン
城内にとらわれている
ミディアのことが気がかりだ

【ロシェ】
マルス王子
オレルアン騎士団のロシェです
オレルアン王の許しをえて
王子をお待ちしていたのです
峠の戦いでは 本当に
もうしわけありませんでした
そのおわびにと言っては
失礼ですが ぼくも
同盟軍に加わって戦います
マルス様 どうかよろしく!

民家A

【村人】
ハーディン王は とても
やさしい方だった
それが 急に恐ろしい
帝王となられてしまって・・
ああ・・・
こんな話をすれば
あたしも 殺されちまうよ

民家B

【村人】
聖騎士のミディア様は
アカネイアの誇りさ
あの方は かつてアカネイアの
最高司令官だった
オーエンはくしゃくの
娘なんだ
今度の反乱も 我らが
苦しむのを見かねて
たちあがってくれた
ねえあんた
なんとかミディア様を
助けてくれよ

民家C

【村人】
ニーナ様とハーディン公が
結ばれて やっと世界も
平和になると思ったのに
こんなことになるなんて
ああ 神様・・・
わたし達はいったい
どうすればよいのでしょう・・

民家D

【村人】
ミディア様は 気のどくじゃな
騎士をやめて アストリアと
一緒になったばかりなのに
また ひきさかれてしもうた
まだ 若い娘だというのに
むごいことじゃて
のお あんた
なんとかしてやれんかのう・・

民家E

【村人】
アカネイア軍も
かわっちまったよ
兵隊達は 血にうえた
ゴロツキばかりだ
この国は いったい
どうなってしまうのだろう

民家F

【村人】
ああ 嘆かわしいことじゃ
ハーディン皇帝に
逆らう者は
みんな殺されてしまった・・
皇帝には悪魔がとりついて
おるのじゃ・・・

ネーリング初戦時

【ネーリング】
くっ・・ なんてことだ
わがアカネイアが敗れるとは
だが このわしがいるかぎり
城内には入れさせぬ!

ネーリング撃破時

【ネーリング】
皇帝ばんざい・・・ぐふっ

クリア後

【ボア】
おお マルス殿
お待ちしておりました
【マルス】
ボア司祭!?
ひどいけがをされて・・
いったいどうしたのです
【ボア】
うむ・・・
まったく 恐ろしいことだ・・
アカネイア王家は
呪われておるのかも知れぬ
二年前
ハーディン公とニーナ様の
婚礼が行なわれたことは
ご存知ですな
アカネイアは国を再建するため
に 王を迎えねばならなかった
そして それにふさわしい
あいては お二人しかなかった
オレルアンの王弟
ハーディン公と
アリティアのマルス王子・・・
そして我々はニーナ様に
最後の選択をゆだねた
王女は もう少し待って
ほしいと言われたが
わたしが どうしてもと
お願いすると
マルス王子は シーダ姫が
悲しむからだめだ と言われて
結局 ハーディン公に
決められたのだ
【マルス】
待ってください それでは
あまりに ニーナ様が
おかわいそうではありませんか
アカネイアが 王を必要と
しているのは わかります
しかし ニーナ様は・・・・
【ボア】
グルニアの騎士カミユ殿の
ことか だがそれは
言ってはならぬこと
・・・許されぬことだ
ニーナ様は
アカネイア王家の血をうけつぐ
ただ一人の王女
わたしとて 辛かったが
国のためにはやむをえなかった
だが
ハーディン公はよろこばれた
アカネイアの王位などより
ニーナ様に 選ばれたことが
よほど うれしかったようだ
【マルス】
ぼくも ハーディンの心は
知っていました
彼は ニーナ様のためなら
命もおしまない
だけど 彼はカミユのことは
知らなかったのでしょう
知っていれば 絶対に
承知しなかったと思う
【ボア】
うむ・・・ たしかに
そのことは秘密にしておいた
ニーナ様にも強く口止めした
だが ハーディン公は
するどい方だ
すぐにニーナ様の心が
自分にないと気づいた
そして 苦しまれた・・・
部屋にとじこもって
さけをあおり
だれとも会わなくなった
その 心のすきをついて
ガーネフが現れたのだ
奴は商人に化けて公に近づき
闇のオーブを見せた
失意の中にあった公は
たちまちオーブに心を支配され
その日以来 人が変わって
しまわれたのだ
わしは 国をおもうあまり
とんでもないあやまちをおかした
許してくれ マルス殿・・・
【マルス】
そんなことがあったのですか
・・・・
それでニーナ様は いったい
どうされたのでしょう
【ボア】
紋章の盾を持ちだしたことを
ハーディン公にとがめられ
ずっと 部屋に
とじこめられていた
それでも ときおり
わたしが 密かにお会いして
連絡をとっていた
だが それに気づいた
ハーディン公は 逆上のあまり
わたしを きずつけ
ニーナ様をガーネフに
わたしてしまったのだ
【マルス】
ガーネフに・・・・・!?
【ボア】
うむ・・以前からガーネフは
ニーナ様をほしがっていた
暗黒竜の復活に
高貴なシスターの血が必要
なのだ と言っていた・・
そして ついに・・・・
ニーナ様を・・・・
いけにえとして・・・・
マルス殿 わたしはもう
長くはもたぬ
わたしのトロンとリブローは
そなた達に 託そう
たのむ
ニーナ様をお救いしてくれ
アカネイアなど もう滅びても
かまわぬ・・・
だがニーナ様には
ご無事であってほしいのだ・・・
トロンの書 をてにいれた!
リブローの杖 をてにいれた!