FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第2部 7章 紅の剣士

ワールドマップ

グルニアを解放したマルス達
は、ウェンデル司祭の求めに
応じ、失われたオーブを求めて
ラーマン神殿にたちよった。

だがナーガ神を祭る古の神殿
は、うち続く戦乱によって
荒れはて、今では盗賊達の
そうくつとなりはてていた。

「彼らは、神殿の貴重な財宝を
 奪って逃げようとしている。
 奪われてはならない
 とり戻すのだ!!」

「カシミア大橋を守る傭兵隊
 を、しげきしてはならぬ。
 我らに、勝ち目はない。
 絶対 近づいてはならぬ。」

「森の中に、旅の踊り子が
 迷い込んだらしい。
 盗賊達に おそわれる前に、
 助けだすのだ!」

兵士達に つぎつぎと命令が
下され、ラーマン神殿をめぐる
新たな戦いの火ぶたが
切って落されたのであった。

オープニング

【フィーナ】
ハァハァハァ・・・
おねがい・・・
たすけて・・・・
盗賊達が・・・わたしを・・
【ナバール】
・・・・・・・・・
【フィーナ】
どうして・・・
なぜ・・だまっているの

あっ まさか!?
あなたも・・・
彼らの・・・仲間なの?
わかったわ・・・
もう 好きにしたらいい!
殺すのなら 殺して!!
【ナバール】
娘・・・
俺の後に ついてこい
森の南に アリティア軍が
来ている
連れて行ってやろう・・・
【フィーナ】
えっ 助けてくれるの?
あなた 盗賊の仲間じゃ
なかったの
【ナバール】
さっきまでは そうだった
だが 気が変わった
【フィーナ】
なぜ?・・・・・
【ナバール】
アリティア軍の中に
会ってみたいやつがいる
それだけだ・・・
【フィーナ】
ふーん・・・
でも ほんとはわたしが
かわいいからでしょ
でも よかった
わたしフィーナっていうの
ワーレンの踊り子よ
わたしの踊りをみれば
みんな元気がでるって言うわ
あなたにも見せてあげるわね
あっ それでね
旅の一座から はぐれて
この森に迷いこんで
そしたら 盗賊達がわたしを
とらえようとおそってきて・・
でもよかった
あなた こわそうな人だけど
ほんとは とてもやさしいのね
だけど そのカッコはあまり・・
かおは悪くないけど
服装のセンスがいまいちね
それと かみがた
それじゃあ 今どき・・・・
【ナバール】
おしゃべりは もういい!
とにかく俺のそばを離れるな
西のいっかくを きりくずして
脱出する
死にたくなければ
だまってついてこい!!
【フィーナ】
あ・・は はい
ごめんなさい・・・・

民家A

【村人】
砦を守っているのは
アストリア傭兵隊と言って
泣く子もだまる強者ぞろい
「さわらぬ神に たたりなし」
これだよな

民家B

【村人】
神聖なラーマン神殿も
盗賊どもにとっては
ただの古い建物
盗んだ宝を持ち歩いてる連中
が そこらじゅうにおるよ
まったく ばちあたりなことだ

民家C

【村人】
踊り子さんの踊りを
見たことがあるかね
あれはいいもんじゃな
つかれた体にみるみる
元気がわいてくるぞ

民家D

【村人】
どうくつには
絶対近よっちゃだめよ
あそこには 恐ろしい
火竜が すんでるって
うわさだからね

アストリア初戦時

【アストリア】
うらぎり者め!
わがメリクルソードの
威力を見せてやる!!

アストリア撃破時

【アストリア】
ミディア・・・

ダール初戦時

【ダール】
盗賊のうわまえをはねるたぁ
なんてヤツらだ・・・
お前たちゃ人間じゃねえ!

ダール撃破時

【ダール】
人殺しー

クリア後

【ジェイガン】
王子 なんとか盗賊は
追い払いましたが
神殿は 彼らに荒らされて
もう何も 残っておりません
【マルス】
そうか ラーマン神殿まで
荒らされるとは
まったくひどい世の中だ
【ジェイガン】
はい 守護神ナーガも
さぞや お怒りでしょうな
まさに 世も末です
【マルス】
ジェイガンはナーガの神話を
知っているの
もし知ってるならきかせてよ
【ジェイガン】
はい 少しでよければ・・
今から千年以上前のこと
まだこの大陸に 王国はなく
人々は小さな村々にわかれて
暮らしていたといいます
そのころの世界には恐ろしい
魔物がすんでいて
たびたび人間をおそってきた
そしてある日 ついに
何万という数でおしよせてきて
人間を絶滅寸前まで
殺しつくしたといいます
わずかに生き残った人々は
神に助けを求めた
そして神は 人々の願いを
ききいれて巨大な戦士を
地上につかわされたのです
戦士は
右手に光かがやく剣を
左手に五つの宝玉をうめこんだ
盾を持っていたと
言われています
そして 激しい戦いの末に
魔物どもをうちとり
天界に 去って行ったと・・・
それが この神殿に祭ってある
守護神ナーガです
「その者 神の化身なり
 我らが 守護神なり・・・」

王子も このラーマン教てんの
一節は ご存知でしょう
【マルス】
うん それはきいたことがある
ナーガの神話か・・・
【ジェイガン】
王子
そろそろ カシミア大橋を
わたらねばなりません
急がねば 敵に制圧されて
身動きがとれなくなりますぞ
【マルス】
うん そうだね たしかに
あの橋が いちばん危ないね
よし 全軍に伝えよう
カシミア大橋を一気にわたる
みんな おくれるな!