FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第1部 オープニング

オープニング

その昔 アカネイア大陸は、
マムクート(竜人族)の王
メディウス率いる
ドルーア帝国に侵略され、

人々は、
恐怖と絶望の中にあった。

この世界を守るべき
アカネイア聖王国は、
恐るべき暗黒竜の力により
壊滅。

世界は 今、
まさに滅びようとしていた。

しかし・・・きせきがおこった。
いなか町アリティアの
アンリという若者が、

苦難の旅の末、
光かがやく神剣
ファルシオンを手にいれ、

暗黒竜メディウスに挑戦し
見事打ち倒したのだ。

ドルーア帝国は滅び、
アカネイア王国は再建された。
そして
世界は平和な時代を迎え、

アリティア王国をはじめ
多くの国が
新しく建国された。

しかし、
ドルーア戦争から100年の後

永い時を経て、ドルーアに
メディウスが復活した。

そして 隣国のグルニア、
マケドニアを併合し、
ドルーア帝国を再建。

同じく世界支配の野望をもつ
カダインの大司祭ガーネフと
手をくみ、アカネイア王国に
攻撃をしかけた。

アカネイアは必死に防戦した
が、グルニアの名将カミユと
メディウスの力の前に
敗退を重ね、

やがて 王女ニーナだけを
残して、滅び去った。

英雄アンリの血を引く、
アリティアのコーネリアス王は
メディウスを倒すため

伝説の神剣ファルシオン
をもって 出撃したが、
同盟国グラのうらぎりにより
壊滅。

アリティア王国もまた、
滅亡することになった。

しかし14歳になる王子
マルスだけは、
姉 エリス王女の助けにより
辛うじて脱出し、

辺境の島国<タリス>へと
落ちのびて行ったのである・・。