FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/第1部 16章 ブラックナイツ・カミユ

ワールドマップ

グルニア王国は、
解放戦争の三英雄の一人
オードウィン将軍が興した
騎士の国である。

建国以来、その強力な
騎士団の力を背景に
近隣の未開部族を切り従え、

ついに 七王国の中でも
一、二を争う強国となった。

だが 現国王ルイは気が弱く、
復活したメディウスの力に
恐れをなして、ドルーアとの
同盟を 受け入れてしまった。

そのルイ王も、
うちつづく敗戦の中で
病に倒れ、

勇猛を誇ったグルニア王国も、
ついに滅亡の時を迎えようと
していた。

オープニング

【ニーナ】
マルス王子
ここグルニアについて
あなたに ぜひきいて
いただきたいことがあるのです
グルニアの有名な
黒騎士団を率いる
カミユ将軍を知っていますね
3年前 アカネイアは
彼の部隊によって占領され
わたしも 彼らに
とらわれてしまいました
ドルーアはアカネイア王家の
血をねだやしに するため
ただ一人
生き残ったわたしをも
殺すつもりだったのです
でも カミユはドルーアの
暗黒地竜メディウスをも
恐れず
まだおさなかったわたしを
守ってくれました
そして おこったメディウスが
親衛隊をさしむけたことを
知って
わたしを オレルアンへ
逃がしてくれたのです
だから あれだけ多くの
戦果をあげながら
最近まで
ドルーアにとらわれて
いたのだと思います
わたしも はじめは
彼をにくんでいたのですが
・・・
今では どうしても
にくみきれなくて・・・
できれば 彼とは
戦ってほしくない
・・・・彼にもう一度
会いたいのです・・

村A

【村人】
おお マルス殿
よく来られた
わしの孫娘のレナは
元気でやっておりますかな
わが家に代々伝わる
この 修理の杖ハマーンを
わたしてくだされ
ただ 武器しかなおせないから
注意して使うように
と伝えて下されよ
城からエストが飛んでくる
【エスト】
あっ マルス様ですね
マケドニアのエストです!

グルニア軍がアカネイアから
持ち去ったメリクルソードを
とりかえしに行ったのだけど
とらえられてしまったの

でも カミユって若い騎士が
助けてくれて なんとか
逃げ出すことができました

これが そのメリクルです
ねっ すごい剣でしょう
でも王子様 使えるのかな?

シーダ→ロレンス

【シーダ】
ロレンス将軍
わたしはタリスのシーダです
あなたのことは
父からきいておりました
【ロレンス】
おお シーダ姫か
お美しくなられましたな
あなたの父上には
昔 お世話になりました
【シーダ】
将軍
あなたはグルニアが
ドルーア帝国に味方することは
反対だったのでしょう
どうしてとめられなかった
のですか
【ロレンス】
今のグルニア王は
とても おくびょうな方で
巨大なドルーアの力に
恐れをなしたのです
【シーダ】
将軍
ドルーアのねらいは
マムクートによって
人間を征服することに
あるのです
グルニアのためにも
そして世界の罪なき人々の
ためにも
ドルーアの野望を
打ちくだかねばなりません
どうか将軍 戦いをやめて
わたし達を助けてください
【ロレンス】
うむ・・やはりな・・・
わたしも 王の命令で
戦ってきたが ここらが
しおどきだろう
わかりました シーダ姫
国を うらぎるのはつらいが
あなた方に お味方いたし
ましょう

マルスがカミユの近くで待機した時

【マルス】
カミユ将軍
できれば
あなたとは戦いたくない
あなたには この戦いの
無意味さがおわかりでしょう
ニーナ様も あなたに
お会いすることを望んで
おられます
どうか今までのことは忘れて
剣をおさめてください
【カミユ】
マルス王子・・・
もうおそすぎるのだ・・・
わが祖国 グルニアが
ドルーアの野望に加担した
以上
わたしも栄光ある
グルニア騎士団の一人として
最後まで戦う義務がある
わたしは きみにとっても
父上のかたき・・・
ここは いさぎよく剣を
あわせてみようではないか
【ニーナ】
待って カミユ・・お願いです
あなたとマルス王子が
戦うなんて わたしには
たえられません
どうか・・お願いです
わたし達に・・いえ わたしに
力をかしてください
【カミユ】
すまない・・・ニーナ
できることなら わたしも
そうしたいのだ
しかし・・・わたしには
滅亡近い 祖国を
うらぎることなどできない
ニーナ・・・
短い間だったけど
たのしかった
・・・さらばだ
どうか しあわせになってほしい

ロレンス初戦時

【ロレンス】
栄光あるグルニア王国も
これで 終わりだな・・・・
国王 あなたを
おうらみいたしますぞ・・・

ロレンス撃破時

【ロレンス】
これもまた 運命か・・・

カミユ初戦時

【カミユ】
かわいそうだが わたしに
このグラディウスあるかぎり
倒すことはできないだろう
不運だったとあきらめてくれ

カミユ撃破時

【カミユ】
ニーナ・・・
さらば・・・・・

クリア後

【マルス】
ニーナ様・・・すみません
あなたとの約束を
はたすことができなくて・・・
【ニーナ】
いえ マルス・・・
あなたにも 苦しい思いを
させてしまいました
ごめんなさい
本当はね・・マルス・・・
わたしにはわかっていたのです
あなたに
エムブレムを託した時から
こうなることは・・・
ファイアーエムブレムによって
王家が 回復できた時
その代償として もっとも
愛する者を失うという
それがエムブレムにまつわる
悲しい伝説・・・・・
アルテミスのさだめなのです