FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/20章 ブラックナイツ・カミュ

ワールドマップ

グルニア王国は
解放戦争の三英雄の一人

オードウィン将軍が興した
騎士の国である。

建国以来、強力な騎士団の力を背景に
近隣の未開部族を切り従え

ついに、七王国の中でも
一、二を争う強国となった。

だが、現国王ルイは気が弱く
復活したメディウスに恐れをなして

ドルーアとの同盟を
受け入れてしまった。

そのルイ王も
うちつづく敗戦の中、病に倒れ

勇猛を誇ったグルニア王国も
滅亡の時を迎えようとしていた…

オープニング

【マルス】(右)
…ニーナ様
まもなく
われわれは出撃します。

前におっしゃっていた
『知っておいてほしい話』--

できれば、今
お聞かせ願えないでしょうか。
【ニーナ】(左)
…アカネイアが
ドルーア、グルニアの連合軍により
占領されていた時の話です。

王家の者は
私をのぞく全員が
ドルーアによって殺され

ただ1人、生き残った私も
グルニア黒騎士団に
捕えられました。

アカネイア王家の血を
根絶やしにするため
ドルーアは私の処刑を望み

グルニアも
それに従う意向だったと
聞きます。
【マルス】
ですが、ニーナ様は…
【ニーナ】
そう、私は処刑されませんでした。
私を捕えた黒騎士団の長が
護ってくれたのです。

…その長の名を
カミュといいます。
【マルス】
カミュ!
あの『ブラックナイツ・カミュ』…
【ニーナ】
彼は、ドルーアの暗黒地竜
メディウスをも恐れず

自分の功をすべて投げうって
私をかばってくれました。

そして、怒ったメディウスが
私を暗殺しようと
考えていることを知り

ひそかに、私を
オレルアンへ
逃がしてくれたのです。
【マルス】
…そんなことが
あったのですか。

だから、彼は
ドルーアの監視下に……
【ニーナ】
『人や国、それぞれには
 それぞれの事情があるもの』

はじめは、私も
彼を憎んでいました。

ですが、今は
どうしても憎みきれません。

できれば
彼とは戦ってほしくない。

そして…
もし許されるのなら
彼にもう1度会いたいのです……
【マルス】
…お約束はできません。
ただ、できる限りのことはします。

カミュ将軍と戦わずにすむように。
そして、ニーナ様と
再び相見えられるように。

これが、アリティアの…
いえ、アカネイア同盟軍をあずかる
私ができる精一杯の答えです。
【ニーナ】
ありがとう、マルス。
それで十分です……

カミュに近づいた時

【マルス】(右)
カミュ将軍!
聞こえますか!
私は、アリティアのマルスです!

あなたに話がある!
姿を見せてください!
カミュ現れる
【カミュ】(左)
マルス王子か。
私がグルニアのカミュだ。
【マルス】
カミュ将軍、できれば
あなたとは戦いたくない。

あなたには
この戦いの無意味さが
お分かりでしょう。
【カミュ】
…ドルーアの野望に
わが祖国グルニアが
加担した以上

私も
栄光あるグルニア騎士団の一員として
最後まで戦う義務がある。
【マルス】
しかし……
【カミュ】
マルス王子…
もう遅すぎるのだ…

私は、君にとっても父上の仇。
ここは、いさぎよく
剣を合わせてみようではないか。
マルス消え、ニーナ現れる
【ニーナ】(右)
待って! カミュ!!
【カミュ】
ニーナ姫……
カミュ消え、マルス現れる
【マルス】(左)
ニーナ様、危険です。
ここは戦場の--
【ニーナ】
わかっています。
でも、お願い
話をさせて……
マルス消え、カミュ現れる
【ニーナ】
カミュ、私は
あなたのおかげで
生きのびることができ

そして
マルスのおかげで
祖国を再興できました。

その2人が戦うなんて
私には耐えられません。

どうかお願いです、カミュ。
私たちに…いえ…

私に、もう1度
力を貸してください。
【カミュ】
……すまない。
【ニーナ】
カミュ!
【カミュ】
…かなうことなら
あなたの願いどおりにしたい。

だがそれは
滅亡を目の前にした
国を、王を、見捨てることになる。

それは
騎士である私の全人生を
否定するのと同じことだ。
【ニーナ】
カミュ……
【カミュ】
私は騎士として生き
騎士として死ぬ。
それ以外に私の歩く道はない。

さらばだ、ニーナ姫。
どうか幸せになってほしい。

…短い間だったが、楽しかった。
あなたと過ごした日々は
忘れない。

マルス→ロレンス

【マルス】(左)
ロレンス将軍、お待ちください。
【ロレンス】(右)
貴公は……
アリティアのマルス王子か。
【マルス】
はい。タリス王から
将軍のお話はうかがっています。

将軍はグルニアが
ドルーアに加担することに
最後まで反対しておられたと。
【ロレンス】
うむ……
【マルス】
ならぼくたちは共に戦えるはずです。
将軍、どうかドルーア打倒のため
力をお貸しください。
【ロレンス】
…すまぬ、マルス殿。
わしはグルニアの将軍。
祖国を裏切ることはできぬ。
【マルス】
将軍……
【ロレンス】
どちらに正義があるかは承知している。
だがわしは最後まで
グルニアの将でありたいのだ。

こうなった上は己を殺し
祖国のために
この場で戦うのがせめてもの……
【マルス】
将軍、お待ちください。

そんな戦いが
祖国のためになると
本当にお考えですか?
【ロレンス】
む……
【マルス】
非礼をお許しください。
ですが、あなたはグルニアの将です。

あなたが戦う理由は
グルニアの未来のためのはず。

あなたが今戦っている
その場所から
グルニアの未来は見えるのですか?
【ロレンス】
…困ったものだ。
心の迷いを、ここまで
見事に言い当てられるとは。

だが
貴公の言うとおりだ。

グルニアの未来を思うならば
わしが立つべき側は
断じてドルーアなどではない。

マルス殿
わしは貴公にお味方しよう。
我が祖国の明日のために。

シーダ→ロレンス

【シーダ】(右)
ロレンス将軍!
私は、タリスのシーダです。

あなたのことは
父から聞いておりました。
【ロレンス】(左)
おお、シーダ姫か。
美しくなられましたな。

昔、あなたのお父上には
お世話になりました。
【シーダ】
将軍、あなたは
グルニアがドルーアに味方するのは
反対だったのでしょ?

なぜ
止められなかったのですか?
【ロレンス】
今のグルニア王は
とても気弱な方でしてな。

強大なドルーアの力に
恐れをなしてしまわれたのです。
【シーダ】
将軍! ドルーアの狙いは
マムクートによって
人間を支配することにあるのです。

グルニアのためにも
そして、世界中の
罪のない人々のためにも

ドルーアの野望を
止めなければいけません。

どうか、将軍
戦いをやめて
私たちに力をお貸しください。
【ロレンス】
うむ…話はわかるが
わしとてグルニアの将軍。
祖国を裏切るわけには……
【シーダ】
…将軍にとって
祖国とは何ですか?
【ロレンス】
何、とは?
【シーダ】
たった1人の
王さまのことなのですか?

その国に生きる
無数の民のことでは
ないのですか?
【ロレンス】
む、むぅ……
【シーダ】
『国は王のためにあるのではない。
 そこに生きる民のためにある』
父の口ぐせです。

たとえ王さまを裏切ることになっても
それが、グルニアに生きる
無数の力なき民のためになら

将軍、あなたは
決して祖国グルニアを
裏切ることにはならないはずです。
【ロレンス】
…失礼な言い草かもしれないが
ご立派になられたな。

あなたの言うとおりだ。
お味方しましょう。
わが『祖国』を守るために。

マルス⇔ロレンス

【ロレンス】(右)
貴公がマルス王子か。

グルニアの将ロレンス。
グルニアの民たちのため
これより貴公に加勢する。
【マルス】(左)
感謝します、将軍。

将軍はタリス王とも
縁が深かったとか。
シーダから聞いています。
【ロレンス】
うむ。それにしても
シーダ殿は立派になられた。
以前お会いした頃とはまるで……

……いや、そうではないな。
シーダ殿は幼い頃から
人の心を動かす魅力をもっておられた。
【マルス】
将軍は子供の頃のシーダを
ご存知なのですか?
【ロレンス】
うむ、そうだな……

だがその話はまたいずれ。
今はこの戦を共に戦い抜くとしよう。
【マルス】
はい!

ロレンス初戦時

【ロレンス】(左)
栄光あるグルニア王国も
これで、終わりだな……

ロレンス撃破時

【ロレンス】(左)
これもまた
運命か……

カミュ初戦時

【カミュ】(左)
このグラディウスがある限り
私を倒すことはできぬ。

かわいそうだが
不運だったとあきらめてくれ。

カミュ撃破時

【カミュ】(左)
ニーナ…
さらば……

クリア後(カミュ死亡時)

【マルス】(右)
ニーナ様…もうしわけありません。
お望みをかなえることが
できませんでした。
【ニーナ】(左)
いえ、マルス……
あなたにも
苦しい思いをさせました。

ごめんなさい。
本当に、ごめんなさい……
【マルス】
……
【ニーナ】
本当はね…マルス……
きっと、こうなるだろうと
思っていたのです。

あなたに
炎の紋章を託したときから
こうなるだろうと……

…『アルテミスのさだめ』という
伝説を知っていますか?
【マルス】
いえ……
【ニーナ】
ファイアーエムブレムによって
王家がよみがえるとき

その代償として
最も愛する者を失う……

かつてメディウスが現れたとき
アルテミス姫は、あなたの祖先
アンリ1世と深く愛し合いながら

ついに、結ばれることは
ありませんでした。
そして、私の時は……
【マルス】
ニーナ様……
【ニーナ】
だめですね、私は。

マルスは
アリティアで悲しい思いをした時も
きぜんとした態度をとったのに

私は、この現実を
受け止められていない……

でも、今、少しだけ…
ほんの少しだけ…
自分に正直でいさせてください…
【マルス】
…少し、席を外します。
なにかありましたら
お呼びください。
【ニーナ】
ありがとう、マルス……
マルス消える
【ニーナ】
うっ…カミュ…どうして……
ううっ…うううっ…

クリア後(カミュ生存時)

【マルス】(右)
ニーナ様…もうしわけありません。
お望みをかなえることが
できませんでした。
【ニーナ】(左)
いえ、マルス……
あなたにも
苦しい思いをさせました。

ごめんなさい。
本当に、ごめんなさい……
【マルス】
……
【ニーナ】
本当はね…マルス……
きっと、こうなるだろうと
思っていたのです。

あなたに
炎の紋章を託したときから
こうなるだろうと……

…『アルテミスのさだめ』という
伝説を知っていますか?
【マルス】
いえ……
【ニーナ】
ファイアーエムブレムによって
王家がよみがえるとき

その代償として
最も愛する者を失う……

かつてメディウスが現れたとき
アルテミス姫は、あなたの祖先
アンリ1世と深く愛し合いながら

ついに、結ばれることは
ありませんでした。
そして、私の時は……
【マルス】
ニーナ様……
【ニーナ】
…彼の生死は
わからないと聞きました。

彼と、彼の軍のために
多くの者が犠牲になったのに
身勝手だとは思いますが

かなうなら
命だけはながらえてほしい。
そう祈らずにはおれません……

【村人】(左)
おお、マルス殿。
よく参られた。

わしの孫娘レナは
元気でやっておりますかな?

もし、ご一緒しているのなら
このハマーンの杖を
渡してくだされ。

これは
わが家に代々伝わる修理の杖。
あの娘の役に立ちましょう。

ただ、すべての物が
直せるわけではないから

注意して使うようにと
お伝えくだされ。