FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/15章 魔道の国カダイン

ワールドマップ

魔道の国カダイン。

魔王ガーネフが支配する
魔道士達の聖域である。

ひとたび彼らが呪文を唱えると

いかなる勇士といえども
身を守るすべはない。

1人…また1人…

勇敢な兵士たちが
傷つき倒れていく。

カダイン…それは
呪われた暗黒の街なのか…

オープニング

【ガーネフ】(左)
なに?
アカネイアの残党どもが
この国に攻めてきたと?

くくく……
あやつら、なにも
分かっておらぬようじゃな。

このマフーがあるかぎり
わしは永遠に不滅なのじゃ。

白き賢者よ。
もはや
お前にもジャマはさせぬ。

古代神殿ラーマンの
竜の女神が
わが手の内にあるかぎり

星の光が
わが闇を照らすことは
できぬのだ。

PlayerTurn-06 終了後

【ガーネフ】(左)
アリティアの王子よ。
残念だが、いつまでも
お前の相手をしてはおれぬ。

ファルシオンが欲しくば
テーベまで
取りにくるがよい。

ガーネフ初戦時

【ガーネフ】(左)
このわしに刃向かうとは
命知らずな奴らじゃ。

封印されし
黒魔術マフーの恐ろしさ
思い知るがいい。

クリア後

【マルス】(右)
結局、ファルシオンは
見つからず、か…
ガトー現れる
【ガトー】(左)
…マルス
…マルス王子よ…
【マルス】
! 誰だ!
【ガトー】
私はガトー…
今、マケドニアから
魔道によって話しかけておる。
【マルス】
ガトー……
ということは
白の賢者ガトー様?
【ガトー】
…そう呼ぶ者もおるようじゃな。
今から
わしの話を聞くがよい。

そなたの察するとおり
ファルシオンは
ガーネフが持っておる。

マフーとファルシオンさえあれば
ドルーアといえど
簡単に逆らうことはできぬ。

そして、いずれはドルーアをも従え
世界をわがものにしようと
考えておるのじゃ。
【マルス】
…マフーとは
それほどの
魔法なのですか?
【ガトー】
うむ。マフーを持つ者相手には
普通に戦っても
傷ひとつつけられぬ。

かつては、禁断の魔法として
わが手元で
厳重に管理していたのだが

当時、ミロアと共に
わしの弟子であったガーネフが
盗みだし、姿を消したのじゃ。

その結果
今、そなたたちに
苦労をさせておる。

マフーを失ったのは
わしの不手際。
申しわけなく思ってな。

そなたに
マフーをやぶる方法を教えようと
こうして話しかけておる。
【マルス】
その方法とは?
【ガトー】
スターライト・
エクスプロージョンじゃ。

この呪文をもってすれば
マフーの闇の加護を
打ち破ることができよう。

だが、この光の魔法を
作り出すためには
光と星のオーブが必要となる。

よいか、マルス。
光と星のオーブを
わしの元に持ってくるのじゃ。

さすれば、授けよう。

マフーをやぶる唯一の呪文…
スターライト・
エクスプロージョンをな。

家(上)

【村人】(中央)
魔王ガーネフに
勝てるわけねえよ。

悪霊を呼ぶ魔法
マフーで守られているからな。

あれをやぶれるのは
白の賢者ガトー様の
スターライト……

おっと、やべえやべえ。
どこであの魔王が聞いているか
分かりゃしねえからな。

ほれ、そんなとこに
突っ立ってねえで
早くどっかへ消えちまいな。

家(下)

【村人】(中央)
魔法を防ぎたくても
よろいじゃだめだよ。
マジックシールドの杖を使うのさ。

あと、魔王ガーネフとは
まともに戦わない方がいいぜ。

あんまり大きな声じゃ言えないが
カダインにゃ
いつも長くはいないってうわさだ。

攻撃されても
ガマンしてりゃ
いいことがあるかもしれないぜ。