FireEmblem & TearRingSaga Website...
βバージョンです。

会話集/7章 レフカンディの罠

ワールドマップ

オレルアンを解放した同盟軍は
中央公路を南下

アカネイアの王都
パレスを目指していた。

最大の難関は、レフカンディの谷に
築かれた無数の砦と

これを守るミネルバ将軍指揮下の
マケドニア白騎士団であった。

アカネイア王国に入る唯一の門
レフカンディをめぐって

今、激しい戦いが
始まろうとしていた。

オープニング

【ミネルバ】(右)
ハーマイン将軍。
こんなやり方
私は賛成できません。

栄光あるマケドニアの騎士として
堂々と正面から
戦わせてください。
【ハーマイン】(左)
しかし、王女よ。
あなたのマケドニア軍は
オレルアンで多くの兵を失った。

態勢を立て直すには
この城で
時間をかせぐしかないのだ。

わたしは
陛下直々のお声がかりで
送りこまれてきた。

そのわたしが決めたことだ。
ここは、おとなしく
従っていただきたい。

だが、どうしてもあなたが
われら帝国のやり方に
従えないというのなら

人質となっている
妹マリアの身の安全は保障できないが
それでもいいのか?
【ミネルバ】
……わかりました。
あなたの指示に
従いましょう……

だが、こんなやり方で
アリティアの騎士団が
倒せるとは思えない……

いずれきっと
後悔なさる時が来るでしょう。

PlayerTurn-06 終了後

【ミネルバ】
やはり
こんな戦いはがまんできない。
帰りましょう。

ミネルバ撃破時

【ミネルバ】(左)
この傷では、これ以上
戦うことはできないわ。
ひとまず撤退しましょう。

ミネルバ撃破時(パオラ)

【パオラ】(右)
ミネルバ様がいらっしゃらない以上
戦う必要はありませんね。

ミネルバ撃破時(カチュア)

【カチュア】(右)
ミネルバ様が帰られたのだから
戦う必要はないわ。

ミネルバ撃破時(エスト)

【エスト】(右)
ミネルバ様が帰っちゃったんだから
戦う必要なんてないよね。

パオラ撃破時

【パオラ】(右)
この状態で戦い続ければ
味方の足手まといに……

ミネルバ様、申しわけありません。
撤退させていただきます。

カチュア撃破時

【カチュア】(右)
これ以上戦っても
この傷では
味方の足を引っぱるだけ……

ミネルバ様、申し訳ありません。
ひとまず撤退します。

エスト撃破時

【エスト】(右)
こんな体で戦ったら
みんなに迷惑をかけちゃうよ。

ミネルバ様、ごめんなさい。
ひとまず撤退します。

ハーマイン初戦時

【ハーマイン】(左)
くそっ
ミネルバのやつめ。
わしらを裏切りおって。

この上は、お前を
地獄への道連れにしてくれるわ。

ハーマイン撃破時

【ハーマイン】(左)
ぐふっ…
う、うらぎり者…ども…め……

クリア後

【モロドフ】(右)
マルス王子
今日は、あなたに
マムクート族のお話をしましょう。
【マルス】(左)
マムクートって
あの竜人族の?
【モロドフ】
はい。
これから戦っていく上で
知っておいていただきたいのです。

…彼らは、人間が生まれる前から
この大陸に住みついていた
竜の種族と言われています。

ですが
竜としての本性は
石に封印されていました。

それは
はるか昔に受けた神の罰だ、と
言われています。

彼らは、辺境で細々と暮らしを立て
人間と争うこともなく
平和に暮らしていたそうです。

ところが、100年ほど前
ドルーア地方に
暗黒地竜メディウスが現れ

人間にうらみを持つ
マムクートを集めて
ドルーア帝国を作り上げました。

そして、人間界に攻めこみ
またたくまに、この大陸全土を
制圧してしまったのです。

もちろん、人間たちも
死に物狂いで戦いましたが

メディウスのもつ
強大な力の前に、なんら
なすすべがありませんでした。

そんなとき
アンリという1人の若者が現れ
メディウスに立ち向かいました。

彼は、ファルシオンという
光り輝く剣をあやつり
見事、メディウスを倒したのです。

その若者こそが
アリティア建国の祖
アンリ一世です。

しかし、時を経て
ドルーアにあのメディウスが
今、再びよみがえった--
【マルス】
そこから先は
言わなくてもわかっているよ。
モロドフ。

神剣ファルシオンを取り戻し
ドルーアを倒すのが
アリティア王子たるぼくのさだめ--
【モロドフ】
そうです。
あなたこそアンリの血をひく
唯一の選ばれし者。

神剣ファルシオンを
使いこなせるのは
王子、あなたしかいないのです。
【マルス】
もちろん、そのつもりだよ。

志半ばで倒れた父上の遺志をついで
ドルーアを…メディウスを倒し
世界に光を取り戻してみせる!

【バヌトゥ】(右)
のぉ、あんた。
チキという名前の
幼い女の子を見かけなかったかね?

チキは
神竜ナーガ一族の
生き残り。

あの娘がいないと
メディウスに従うマムクートたちを
倒すのはむずかしい。

わしか?
わしは、火竜族のはしくれじゃ。

じゃが、ペラティで
大事な石をなくしてしまい
戦うことができぬ。

わしも、ともに行くから
一緒にチキを探してくだされ。

【村人】(中央)
マケドニアの王女
ミネルバが使う斧--

あれこそ
比類なき最強の斧
オートクレールじゃ。

どこで生まれたか
誰が作ったかは
分からぬが

その威力は
アカネイア王家の誇る
『三種の武器』に匹敵するという。

天駆けるものを守護する
マケドニアの至宝『アイオテの盾』と
共に用いることができれば

大陸広しといえど
その竜騎士にかなうものは
おらんじゃろうな。